映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年09月16日

福岡国際映画祭『サイアム・スクエア』

サイアム・スクエア.jpg

アジアフォーカス福岡国際映画祭

行きたい気持ちはあれどやはり行けない(涙)

『サイアム・スクエア』2007年/タイ/158分
監督:チューキアット・サックウィーラクン
出演者:マリオー・マウロー
【チューキアット・サックウィーラクン 監督】
 トンなのかミウなのかよく聞かれます。これに答えると映画のロマンティックさを損ねる危険性がありますが、二人共です。僕自身ミュージシャンだったこと、病人の居る家庭だったこと等。両親が愛し合う姿にはいつか終わりがあるのか、という疑問も持っていました。男の子同士の恋愛が出てきますが、この映画で僕が試したかったのは、それぞれ辛い過去を過ごした男の友達同士が再会し愛が芽生える事が本当にありえるのか、片想いの相手の幸せの為に身を引く愛というものが本当にありえるのかといった、多様な愛の形でした。

ああまた忍耐の日々が。


posted by フェイユイ at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 東南アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。