映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年09月21日

『色、戒 ラスト、コーション』アン・リー

色、戒22.jpg
LUST, CAUTION

うん、非常に楽しみました。男と女の恋愛は戦争なのよ、という感じでしょうか。

戦争もの、というのはいつも悲劇であると同時にあまりの空しさに馬鹿馬鹿しくて笑いたくなってしまうものだけど、ここでも男たちはいかにも男らしく勇敢なことを言ってみせるくせに実際矢面に立たせるのは女を使うものなのだね。それは日本でもどこでも同じようなもんじゃないのかと思うんだけど。
優男面して(ワン・リーホンごめん)いかにも愛国心があり女性にも優しそうな素振りの大学生クァンなどチアチーを抱くことすらしない。自分はまるでいい人間のフリをして全部女のチアチーに危険を押し付け心配して見せたりするのが腹が立つ。「君を傷つけさせはしない」って女が自分の意思でなくセックスさせられてるなら充分それが「傷つけられていること」だろうが、この坊ちゃんはそんなことすら気づかないんだよ。そしてチアチーが心を決めてイーと戦っている最中にキスをしたりする。っもう馬鹿だこいつ。
抗日運動の幹部らしき男も妻子への復讐の為なら何でもするみたいなこと言ってチアチーがイーとのセックスの惨たらしさを話し出すと我慢できずに止めろとどなったりする。何でもするなら自分でやれっつーの(トゥオ・ゾンファ様ごめんなさい)
おいおいこれって結局全部チアチーの肉体だけに依存しすぎじゃないの。「もう少し油断させて、もう少し機会を待って」ってなんだかもっと早く暗殺できそうに思えるんだけどねー。最後なんてもっと早く踏み込んでたらよかったんじゃ。入ると同時にとかさ。仕事が遅いんだよね。
どうも情けない男達を仲間にしてるね、不幸なチアチー。

そんなチアチーは自分の意志の抗日ではなく憧れの男性だったクァンのために逆賊であるイーをたぶらかし、仲間にイー殺害の機会を作ることに没頭していく。
勝負に勝つことだけを考えてイーとチアチーの言葉と体の駆け引きは相手の考えと動きを読んでいく。
ちょうど麻雀で相手の手を読んでいくように。
常に相手を疑い誰にも心を許さないイーがいつしかチアチーを信じ愛するようになっていく。
勝負はチアチーの勝ちなのか。
イーは指輪(中国語で指戒)をチアチーに贈る。妻にも贈ったことのないような素晴らしいダイヤを。その指輪が警告を呼ぶことになる。
チアチーはイーが心を許した印であるその指輪(指戒)を見つめイーの緊張のほぐれた目を見つめてとうとう言ってはならない一言を言ってしまう「逃げて」
その言葉でイーはすべてを解したのだ。

チアチーはイーの組織に仲間と共に捕まり処刑される。勝負はイーのものになったのか。
だがイーはチアチーを愛してしまったのだ。イーはもう誰も愛することはできなくなるのだ。人を愛することができなくなった者はもう何の幸福も感じることはできないだろう。

戦争の中で男らしさを叫ぶだけで何もできないみっともない男達。何もしなかったくせに最後にチアチーを責めるかのようにみる哀れな男よ。
勇敢に戦ったのはチアチーだけだった。
アン・リーは愛のために戦う強い女と戦ったふりをして戦えない弱い男を描いたのではないだろうか。

それはそれとしてとにかくこの時代の中国の話が大好きなのである。抗日という背景があるので日本人としては居心地は悪いが混沌としたこの時代面白くてしょうがない。
上海が舞台になっていることもあって言葉からして中国普通語、上海語、広東語、英語そして中東語(どこかわかんない)が映画の中で入り乱れて話される。字幕だとその辺が一緒くたになるのでいまいち面白さがわからないが雰囲気だけでも楽しいものだ。
タン・ウェイの幼顔なのにすらりとした長身をチーパオで包みまだ初々しいくせに妖しさがある色香を感じさせる。
チアチーがここまで演じきれたのは愛するクァンに認めてもらいたかっただけで、チアチーの心がイーに移った時すべては崩れてしまう。以前はそういうのは女の弱さのようで嫌だったがそれが当たり前のことではないか。女を使って戦争したつもりになっている男たちよりよほど強い精神を持っているのだ。

さて、話題の一つであろうチアチーとイーさんのセックスシーンについても触れないわけにはいかないだろうな。
とにかく最初に話題になったのがカンフーまがいのアクロバチック且つ濃厚なベッドシーンがある、ということだったように思う。
私もどんなものかと思いすぎて武侠ものの空中戦みたいなのを想像してしまっていたがさすがにそういうことではなかったのだね。
確かに接触部分が露骨に感じられるとは思ったがこのセックスシーンに二人の戦いの駆け引きが盛り込まれているわけなのでそういう意味では確かにカンフーと言っていい格闘シーンだ。
愛でしっとり濡れたというより敵の内部に入っていこうという男と女の探りあい、みたいなもんなんで。ベッドシーンがそのまま二人の戦いになっているということでやはりこれはなくてはならぬ場面なのである。


監督:アン・リー 出演:トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン ジョアン・チェン トゥオ・ゾンファ
2007年 / アメリカ/中国/台湾/香港



posted by フェイユイ at 22:48| Comment(4) | TrackBack(1) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実はこの映画の感想を、心待ちにしておりました。
私は映画館で見たのですが
平日の昼下がり、初老の男性と怪しげな中年カップルがやたら目に付きました。
やはりセックスシーン目当ての感じがむんむんでした。

クァン、むかつきました!
ばかちんですね!!!

宝石店での「逃げて」のシーン。
ちょっと前にブラック・ブックを観たばかりだったので
単純に比較できないけれど
同じ女スパイ、相手に惚れてしまう
でも全く違う結末。。。

イーのタクシーダイブは
なんだか笑ってしまいました。

Posted by せりーぬ、 at 2008年09月24日 21:41
かっこ悪いですよね、あの逃げ方は(笑)
ってことはアン・リー監督はやっぱりこの映画では男はみんな情けないものとして描いているような気がするのです。
一言でぱっと感想が言えない難しさはありますけどね。

『ブラックブック』も観たいと思っていたのに。まだ観てません、くー、観たいもの多すぎて。
Posted by フェイユイ at 2008年09月24日 22:47
TBありがとう。
この組織の中で、チアチーだけが、抗日戦士の役どころになりきっていたのでしょう。
ちょうど、イーもまた、その逆の立場に、成りきっていたように。
Posted by kimion20002000 at 2008年09月27日 16:42
こちらこそありがとうございます。
でも二人ともあんまりやる気はなさそうなんですよね。それなのに演技し始めると途端に没頭してしまう、そんな感じです。
Posted by フェイユイ at 2008年09月27日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

mini review 08328「ラスト、コーション」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 日本軍占領下の上海、そして香港を舞台にチャン・アイリンの自伝的短編を『ブロークバック・マウンテン』のアン・リー監督が映画化したサスペンス・ドラマ。1万人のオーディションで選ばれた、女スパイを演じるタン..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2008-09-25 13:08
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。