映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年10月13日

『笑う警官』大森南朋

笑う警官 ナオさん.jpg笑う警官 日本映画.jpg

『笑う警官』が日本で映画化されると聞いて驚いた。
『笑う警官』といえばこのブログでも記事にしたマイ・シューヴァル/ペール・ヴァールー作「マルティン・ベックシリーズ」と思っているからだ。
「はあ、なんで昔のスウェーデンの小説を?」と思っていたら同タイトルの別作品だった。ぱくり?
角川文庫だったからという理由とな。
元々原作は『うたう警官』というタイトルだったのにインパクトがないということと『マルティン・ベック』シリーズへのオマージュとしての改題になったということなのだ。
仕方ないか。

少々腹立ちも収まってきたかと思ったら、監督は角川春樹であるという。そして主演は大森南朋だった!!!!!!!


しばし脱力。


ナオさん主演少ないからうれしいんだけど・・・・角川春樹氏が監督となると・・・無言。
松ケンに続き好きな人が春樹氏によって。うぎゃ。

そりゃ映画になったら(つかDVDになったら)観るけどさ。なんだかなあ。

少し前に知ったけど書きにくかった。複雑な思い。
楽しみでもあり楽しみでない予感もまた。
 
悶々。

写真はかっこいいけどさ。

『笑う警官』大森南朋主演


角川春樹、「逮捕された経験のあるわたしにしか撮れない」映画を撮影中!

ラベル:大森南朋
posted by フェイユイ at 22:25| Comment(8) | TrackBack(1) | 大森南朋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんにちは!
自分もフェイユイさんと一緒で、大森さんの主演映画!なのに素直に喜べませんでした。角川春樹氏が監督ですか。。。松ケンくんを好きになり、いろいろ映画を観たけれど、あまり好きになれないといいますか、松ケンくんが出演していなかったら絶対観ない(笑)映画ばかりなんです角川映画は。角川春樹氏の気合いも怖いですし、大森さんがどんなふうになるのか心配です。
もちろん映画は観ますが、いい映画になりますように!と祈らずにいられません。
Posted by natsu at 2008年10月14日 16:19
natsuさんも同じ気持ちでいてくださってうれしいです(笑)
ほんとに・・・なぜ松ケンからナオさんと角川氏の好みって私たちと同じ?(笑)

どんな映画になるのか想像できませんができるだけ角川氏の気合が抜けてしまうことを願いたいですね。

でもナオさんをたっぷり観れると思うとやっぱり期待してしまいます^^;無理か?
Posted by フェイユイ at 2008年10月14日 18:30
ご愁傷様です。今度の角川映画は角川春樹自身が撮るんですね。東映と約束した興行成績が達成できなければ映画をやめるつもりとか。
カメオ出演で松ケンが出ることがないよう祈るばかりです。
Posted by 梅 at 2008年10月14日 21:12
えっ。マツケンがカメオ出演!あり得ますよね、角川氏の個人的趣向で(ここで興奮してどうする)
梅さん、ダメですか?もーどーせ作るなら松ケン出演しても?(笑)

私的にはナオさんと松ケンがほんの少しでも接触したらそれだけでこの映画DVD買いますが!!!

許してもらえないでしょうか?^^;^^;^^;
一体私って^^;
Posted by フェイユイ at 2008年10月14日 23:15
はじめまして。
いつもブログ、楽しみに拝見しております。
フェイユイさんのお嘆き、もちろん大の大森ファンの私も共感しまくりなので、たまらずにコメントしてしまいました。
ほんとに、なんで、よりによってなのでしょう・・。

そして、追い打ちをかける様な情報で恐縮なのですが、角川監督、本人がちょっと出演している気配が濃厚です・・・・。
数少ない、南朋さんをたくさん見られる映画なのに。

突然失礼致しました。
Posted by ある at 2008年10月15日 13:00
はじめまして、あるさん!
そうですか。角川氏出演してますか(笑)いや笑ってしまいますねー。なんだか出演しそうな気がしてたんですよね。もしかしたら主演なみかもしれませんね。
しかし同じ悲しみにひたっている方がいっぱいおられるようで心強いです。

いつのまにかほんとに角川氏主演になってないといいのですが。
ナオさんにありがたい教えを与える偉そうな人物とかそういう役でしょうか。涙出ます。

あるさん、これからもよろしくお願いします!!
Posted by フェイユイ at 2008年10月15日 14:41
笑うにしろ歌うにしろコメディじゃないんですよねこれ…

natsuさんと同じく、私も春樹おじさんは気合いが入れば入るほど空回りするんだから
自ら出てこない方が仕事がスムーズなのになと思います…
公開したらやっぱり観ますけど…^^;
Posted by may at 2008年10月22日 17:27
春樹氏ここでは評価低いですね〜^^;
一体どういう作品になるのか、やっぱり怖いです。
ナオさんまで春樹氏に毒されることはないと信じたい。
Posted by フェイユイ at 2008年10月23日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「笑う警官」佐々木譲
Excerpt: 現役警察官の拳銃不法所持、そして覚醒剤の売買。 警察としての信用が失墜し、疲弊しきった北海道警で、また起きた婦人警官殺人事件。 現場は警察のアジトとして使われていたマンションの一室だった…。 事..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2013-03-19 17:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。