映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年12月12日

『悪魔のようなあいつ』第九回 

ありゃまた倦怠期。話が進まない1話だった。

こうなると観るのはとにかく野々村さんの悲哀だけですなあ。
藤竜也さんがだんだんかっこよく見えてきたし。いや、もともとかっこいいんですけどね。

良は妹の足の手術のためにとうとう時効前に3億円の一部を使うことを決意する。
3億円の中に200枚だけ警察が番号を控えている紙幣があるのだ。もし良がその紙幣を使ってしまえばすぐに3億円強奪犯人として捕まってしまう。
野々村は良に手術代を渡そうとしたが白戸警部の計略でその金を奪われてしまう。再び野々村が良に金を工面しないよう白戸警部は野々村を捕まえ拘置所に入れてしまった。

なんとか良を助けようとする野々村さんがまたもやいじらしい。良が3億円の一部を使うことで逮捕しようと目を光らせる白戸警部。良はもう少しで警部の目の前に金を出してしまうところだった。
が、野々村が元、警視だったことで上層部に圧力をかけ、拘置所から出て危ういところで良に200万円を届けたのである。

酒を飲みながらの野村に礼を言う良。だが良は野々村が良を手放したくないために3億円の紙幣番号の控えを隠しているのではないかと問いかける。
良の疑いは当たっていた。

野々村さんの恋のように苦しく辛いものを最近は見ないような気がする。こんな悲しい恋というのもいいものです。

もう少しのところで良の逮捕を逃した白戸警部。とうとう八村に良の妹を誘拐して3億円を引き換えにすることを計画する。
おいおい、いくらなんでも警部が少女誘拐計画しちゃいかんだろー。

脚本:長谷川和彦 原作:阿久悠 上村一夫 音楽:大野克夫 井上堯之 出演:沢田研二 藤竜也 若山富三郎 荒木一郎 三木聖子 大楠道代 細川俊之 尾崎紀世彦
1975年日本


posted by フェイユイ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪魔のようなあいつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。