映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年12月12日

『悪魔のようなあいつ』第十回 

悪魔のようなあいつa9.jpg

そしてこちらは大きく動いてきましたね。
白戸刑事の差し金で八村はいずみを誘拐。八村の悪戯だと笑う良に白戸は八村をそそのかしていずみの悲鳴をテープに録る。さすがに色を失った良だが録音の中に白戸の声を聞き、野々村に頼んで警察を八村の家へ向かわせる。そして八村の女房・ふみよに電話口で叫ばせ八村に聞かせた。
八村を脅かす為にふみよは良の作戦に乗ったのだが、自分を叩く良が本気だったことに傷つく。そしてそっけなく良が出て行くのを恨めしい目で見つめた。

良は白戸刑事の誘拐計画を阻止したことで安堵していた。
野々村が「ちょっと話をしていかないか」と誘っても「俺には明日があるから」と答える。
そこへ白戸が来て「お前の部屋が大変なことになっているぞ」と耳打ちする。慌てて部屋に戻った良は3億円を隠していた鏡がどけられ、3億円がすっかりなくなっているのを見たのだった。

いくらなんでも誘拐というのは酷いと思うのだが、良の切り替えしでなんとか妹は無事に病院へ戻った。
だがここに来て3億円が何者かによって奪われてしまったのだ。
犯人はふみよか、静枝か、他の誰かなのか。


posted by フェイユイ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪魔のようなあいつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。