映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2008年12月17日

『悪魔のようなあいつ』第十二回 

凄く内容が濃くてかっこいい一話だった。どうなるかとはらはらしたし、この回は見応えある。

潔白を示す為、自殺しようとした静枝はふみよが怪しいことを良に教える。
良はふみよをおびき出し、甘い言葉をかけたり脅したり殴りつけたりした。3億円を取り戻す為なら良は何でもする気になっている。
言い逃れようとしたふみよだが階段を踏み外し気を失ってうわ言で3億円の隠し場所を言ってしまう。
だが八村モータースには白戸警部が何も知らないまま居座っていた。

良は野々村に相談を持ちかける。白戸をおびき出し、その間に金を奪い返す計略だ。
野々村は二つ返事で良の要望を聞いた。車と拳銃。
良の誘い出しを白戸は受けた。だが八村のおばあちゃんが良が家の近くに来ていたことをしゃべってしまった。

相変わらずの野々村の良への耽溺ぶりが涙モノ。野々村は見返りは何も要求しないのだなあ。
その従順さをあてにした良の悪魔っぷりがすてきだ。
二人が計画を立て、白戸がどうやら気づいたのに良が八村モータースへ来てしまう。ここら辺の緊迫感は手に汗握る。
待ち合わせ場所にはいつもの見張り役刑事がやって来てすぐに野々村は状況を察知して刑事を撃ち、良の元へ走る。
良が3億円を見つけたところで白戸が声をかけた。
銃撃戦が始まる。良の撃った弾が白戸の腹に当たり、白戸は良の肩を撃った。
白戸がもう少しで良の手に手錠をかけようとした時、野々村が駆けつけ白戸を殴りつけ、手錠で彼の手をバイクにつなげてしまう。
3億円を袋に詰め込み用意した車で逃げようとした時、良は野々村の銃を取り上げ彼に向ける。茫然とする野々村。
良は野々村と八村を残し3億円を積んだ車で走り去った。

3億円強奪の場面が挿入される。この部分は凄くかっこいい。
何故良にとって3億円強奪が青春なのか、それはあまりわからないのだが、それはどうでもいい。
良のためなら殺人でもなんでも犯してしまうような野々村さんの一途さに打たれてしまう。
そして野々村さんはどこに走っていくのか判らない良を憎みながら愛しているのだろうな。
危険な二人である。

脚本:長谷川和彦 原作:阿久悠 上村一夫 音楽:大野克夫 井上堯之 出演:沢田研二 藤竜也 若山富三郎 荒木一郎 三木聖子 大楠道代 細川俊之 尾崎紀世彦
1975年日本


posted by フェイユイ at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 悪魔のようなあいつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。