映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年02月02日

『ドモ又の死』奥秀太郎

ドモ又の死.jpg

確か以前こんな映画ができてる、と記事にしたように思うが、有島武郎の戯曲を織り交ぜた女性ばかりが出演する作品、ということで一体どんな映画になるのかと期待したが、これは予想以上に面白い作品だった。

短めな作品で独特のタッチの映画でもっとわけのわからないものになってしまうのかと思いきや意外にきっちりした世界を作り上げていて共感できるものだった。
薬物中毒者更生施設で共同生活を送る若い女性たちがスパルタな指導官のもとで絵画、レスリング、木工など様々な試みをする中で有島武郎の戯曲を演じることになる。
『ドモ又の死』という戯曲の暗唱と彼女達の精神のゆれ・行動が不思議に交錯していき現実と虚構の物語が混沌としていく。
大正時代の台詞回しと彼女達の現代の言葉が入り混じっていく独特の味わいが面白い。
薬物中毒から更生しようとする彼女達の中でも最も荒んだ感のある戸部はドモ又とあだ名されている。
彼女ととも子、九頭竜の娘が同性愛的な関係でもある。

とにかく映画を観てみなければ味わえない不思議な感覚がある。ドラッグ厚生施設の少女達というとウィノナ・ライダーの『17歳のカルテ』があるがあれも面白かった。思うに男性・少年のこういう物語というのは数多くあるのだが女性もの、というのは案外少ないしあっても勘違いなセクシー路線で的外れな作品だったりすることがままあるものだ。
本作では綺麗な女性が出演しているとはいえ着ている服装も思い切り普通のもので生活も地味な当たり前のものだというのが却って驚きだったりする。男性ばかりの作品というのも多いし面白いことが多いものだ。女性ばかりの作品というのももっと作られていいのではないだろうか、と思う次第である。
映画の中で別の芝居を織り交ぜていく、という構成演出はとても好きでこの作品でもとても効果的に使われている。

この作品に興味をもったのは何と言っても萩尾望都が出演されていることで更生施設の院長という役柄である。車椅子に乗って幾つかの台詞もある。堂々とした演技だった。知性が顔に出てます。

監督:奥秀太郎 出演:江本純子 三輪明日美 藤谷文子 野村恵里 高野ゆらこ つるうちはな 片桐はいり 萩尾望都
2007年日本


ラベル: ドラッグ
posted by フェイユイ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。