映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月17日

『チュ・ジンモ 悲しい誘惑』

悲しい誘惑.jpg

チュ・ジンモは間違いなく申し分ない美形ではあるし、『MUSA』を観た時から印象強く残ってはいたが、あんまり好みのタイプではないのでさほど気にかけてはいなかったのだった。(キム・ギドクの『リアル・フィクション』も観たが)
それがDVDレンタルの新入荷を観てたらこれがあってイントロダクションが「男同士の切ない愛を描いた禁断のラブロマンス」だと。
うわいつの間にこんな映画が、と思ってたらこれは2回連続のTVドラマなのだった。しかも後で気づいたんだが1999年作品。まだ初々しいといっていいチュ・ジンモだった。『ハッピー・エンド』に出演した年なのである。

え〜、韓国ってちょっと前までゲイって全く御法度だと思ってたのに。しかもTVドラマ。一体どんな胡散臭いものか。陳腐な作品なのか。馬鹿馬鹿しい奴か、とかなり疑心暗鬼で観始めたのだが、これがなんと意外にも渋い大人のドラマなのだった。

とはいえ、これは「禁断のラブロマンス」というようなものではなく、ゲイの青年と会社から邪魔者扱いをされている中年男が互いの苦しみを語り合うといういたって地味なドラマでセクシャルな描写を求めている方はお勧めではないし、さほど驚くような発見があるというわけではない。
ただ軽佻浮薄で煌びやかな設定だけで見せ付けるようなことがなく地道な物語なのがこういう物語としては結構驚きなのである。
若い頃は野心に満ちて会社の為にと働き続けた結果、年を取って会社から追い出されるはめになった男が妻に弱みをみせたくないというプライドと戦い続ける。その妻は夫婦なのに話し合いもない生活に悲しみを感じている。
そんな二人の前に登場するのがチュ・ジンモ演じる若者で、中年男は伸び盛りの青年に反発とかつては自分もそうだったという懐かしさを覚える。
男が青年に感じた気持ちは一体なんなのだろう、という物語である。

繰り返しになってしまうが、さほど新鮮味があるという話でもないのだが、それでもじっくり観てしまうのは設定、物語、台詞が地道で現実味のあるものだからだろう。
こういうドラマが10年も前に存在していて主役をチュ・ジンモが演じていたとは、驚きである。
妙なアクシデント(どちらかが突然死んでしまうとか)なんかがなく自然な感じで終わるのも渋いのである。
奥さんが単なる飾りではなく悩みや優しさを持っている女性で最後に彼女が二人を見つめているので終わっているのもなんだか文学的ではないか。

脚本:ノ・ヒギョン 出演:チュ・ジンモ キム・ガプス
1999年韓国

同じくチュ・ジンモ主演の『双花店』もますます気になるところである。こちらはもう本当に危ないシーンが観られそうだし。


ラベル:同性愛
posted by フェイユイ at 23:14| Comment(2) | TrackBack(2) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさん、こんばんは。
つい最近私もこのドラマを観ました。
 ひょっとしてつまらない話かもと思いつつ観たのですが、すごくよかったです。
 チョン室長が自分でもよくわからないけど、ジュニョンが気になって仕方なかったり、いつの間にか世話焼きまくっていたり、そういうのってありますよね。セリフの1つ1つもなんとなく納得できる、というかこういうのってあるんだろうな、と思ってしまうそんなドラマでした。
 10年も前にこんなドラマが作られていたとは本当に驚きです。心に残る、忘れられないドラマになりました。
『双花店』楽しみですね。
Posted by マチルダ at 2009年03月18日 23:46
ほんとに思いがけない秀作でした。
実際はもっと突っ込んで描きたかったので、と思わされますが当時のTVドラマとしてここまで真剣に取り組んでいることに驚かされます。
『王の男』もヒットしたし、韓国映画今までタブーだったものがどんどん表現されそうですね。期待してしまいます!!
Posted by フェイユイ at 2009年03月20日 01:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

悲しい誘惑
Excerpt: {/kaeru_fine/} 「チュ・ジンモ 悲しい誘惑」 観ました。1999年のテレビドラマだそうです。 カナ〜リネタばれですのでそこんとこひとつよろしく{/hiyo_shock1/} 会..
Weblog: まぜごはん
Tracked: 2009-03-18 23:35

悲しい誘惑(1999)
Excerpt: やっと無事に400回の記事を迎えました… まさかここまで来るとは思いませんでした(^^;; ちょうどこの前見たジンモさんのドラマの感想...
Weblog: Velvet no yami
Tracked: 2009-07-09 23:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。