映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月20日

『46億年の恋』三池崇史

46億年の恋b.jpg46億年の恋a.jpg

前に一度観ててそれからもなんだか気になってもう一度観たくなった。
短い作品でとても不思議な物語なのだが物凄く好きだ。前に観た時よりよけいに好きになってしまった。
この世に存在しないような奇妙な刑務所の話である。若者ばかりがいるから刑務所ではなく少年院というべきなのかもしれない。
と思っていたらもともと三池監督はこの映画を『あしたのジョー』実写版をやるつもりだったらしくてなるほどと思った。
滅茶苦茶ケンカが強い香月は力石徹だったんだ。
『あしたのジョー』は通して素晴らしいマンガだけど特にあの少年院の中の物語部分は秀逸である。
荒くれていただけのジョーが拳闘を通して力石と強い因縁を持っていく。それなのにオタクな読者は心の奥で二人の危険な愛の匂いを嗅ぎ取ってしまうのだ。
『あしたのジョー』を実写化するために他のマンガを下敷きにするなんてなんだか複雑な三池監督である。肝腎の原作マンガ『少年Aえれじい』は読むこともできないが『あしたのジョー』が元だったと知って納得したのだった。

有吉と香月は映像としてはそれほど接近するわけでもなく台詞で愛を語るわけでもないのだが、眼差しが互いを求めているような狂おしさがあって切なくてしょうがないのだ。
色んなゲイ的要素を持つ作品を思い浮かべてしまうのだが、「お前はどこへ行きたい?」というのは『009』でジェットがジョウに問いかける言葉みたいだし、有吉が香月に僕も行ったらいけないかなと言う場面は『銀河鉄道の夜』のジョバンニみたい。映画自体はファスビンダー『ケレル』を思わせる。
とはいえ二人を演じた松田龍平と安藤政信は他の誰とも比べようのないほど素晴らしく魅力的だ。
安藤政信はそれほどマッチョだというわけでもないがここではとんでもなく強い男になっている。彼には怖ろしいような刺青があるが眠っている時はそれが消えている。刺青は彼を守る鎧みたいなもので眠っている時はそれが消えてしまうのだろうか。
松田龍平は他で観る時の彼より優しげな風情を出しているがそれでも何をしでかすか判らない狂気のようなものも感じられる。

簡略化した舞台背景、ボロボロの囚人服、よく判らない洗濯場なんかが怖ろしく物語に合っている。
脇役達のメンツのよさといったら彼らの顔を眺めているだけで嬉しいくらいだ。石橋凌の青白い顔も楽しい。
ミステリー仕立てになっているのも自分的に非常なツボで堪えられない。問いかけが文字で出てきて人物が答えるなんていうのはたまんない。

こういう作品はこの短さであるのが正解だと思うがあまりに好きな世界なのでつい不満に思ってしまう。もうちょっとゆっくり観たかったし、できるなら香月と有吉の接触がもう少し深くあったらなあ、とか意地汚い。
でもこの「もう少し食べたかった」というとこが美味しいわけで。

自分が求めている不思議な感覚、切ない思いがこの映画には溢れるように表現されている。有吉の繊細な美しさも香月の心が引き裂かれそうな愛もたまんなく愛おしい。

監督:三池崇史 出演:松田龍平 安藤政信 窪塚俊介 渋川清彦 金森穣 遠藤憲一 石橋凌 石橋蓮司
2006年 / 日本


posted by フェイユイ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。