映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月22日

『ボブ・ディラン ノー・ディレクション・ホーム』Vol.2マーティン・スコセッシ

NO DIRECTION HOME6.jpgnodirectionhome.jpgNO DIRECTION HOME4.jpgNO DIRECTION HOME5.bmp
NO DIRECTION HOME Part2

Part2を観終えたが感想は昨日とあまり変わらない。というのは凄いことかもしれない。ボブ・ディランという人物が無名の時から超有名になってからでもその姿勢というものは変わっていないということだから。
しかし驚くのは彼の音楽スタイルは非常に変わったと皆に受け止められいたということだ。はっきり言えば堕落した、と罵られているのだ。これも不思議だった。彼の活躍した当時を生で知らないものにはアコースティックだろうがエレキだろうがさほど違うようにも思えない。というのは無論私が聞く耳を持たないからだが彼を信奉したファン達がフォークでは絶賛したすぐ後にロックになるとブーイングでこき下ろすというのは信じがたいものでもあった。それは強く信奉しているからこその落胆だったのだろうがそれほど彼の精神が堕落し、裏切ったとは思えないのだがそれくらいフォークとロックは全く違うという時代だったのだろうか。『アイム・ノット・ゼア』でも彼へのブーイングとバッシングを観てはいたがコンサート中に「ユダ!」と罵られるなんてあんまり酷過ぎる。嫌なら行かなければいいのに、と昔のことながら呆れてしまう。
そして彼への報道陣の質問の馬鹿馬鹿しさ。これは今も変わらないのだろうか。そういうミュージシャンに対する質問などというのを聞いたり読んだりもしないので判らないのだがよくまあこんな拷問のような質疑応答を耐え抜かれるものだと思ってしまう。まあ古今東西こういうものなのかもしれないが。
「何故あなたはこんなに人気者になったのですか?」という質問をくどく繰り返している記者がいたが本人にそれを答えさせるなんてどういうつもりなんだろう。
そしてその人気者の彼のファンからの酷い攻撃にも観ているこちらがめげてしまいそうだ。こんなにも矢面に立たねばならないのなら人気歌手などというものでないことは幸せなことだ。
まあそんな今頃怒ったり苛立ったりしてもしょうもないことを感じながら今まで殆ど何も知らなかったボブ・ディランを観ることができてよかった。煙草を吸いながら記者たちのイラつく質問に答えている彼はまだ少年のようで繊細な顔立ちが素敵である。人気が出ないわけがない、と思ってしまう。
気が滅入る激しいブーイングを受けると知っても自分がやりたいと思う音楽をやり続けるボブ・ディランの凄さ、というのは当時では却って判りにくかったのか。勿論その凄さをまた尊敬していたファンもいたのだろうけど。
散々なヨーロッパツアーを経て疲れ切ったボブが「早く家に帰りたい」というラスト。彼がつぶやいた帰る家とはどこを指していたのか。
少年の頃、狭い町から遠い所へ飛び出したいとボブ・ディランは願う。自分の居る家はここではない。自分が住む家はきっとどこかにあるのだと。
そしてボブ・ディランは音楽でも居心地のいい家というものに落ち着こうとはせず絶えず進み続け変化し続けている。
家に帰りたい、とつぶやいても彼自身どこかに落ち着いてしまうことはないとわかっていたに違いない。

このドキュメンタリーを作ったのがマーティン・スコセッシだというのも私には驚きだった。何もかも知らないことばかりなのだいつまでたっても。

監督:マーティン・スコセッシ 出演:ボブ・ディラン ジョーン・バエズ アレン・ギンズバーグ
2005年アメリカ


posted by フェイユイ at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い出しました。
ボブデュランの時代を・・・。
フォークの全盛時代でしたね。
私達の青春でした・・・。
あの頃のアメリカは、まだまだ澄みきって
いたと思います。

Posted by へぼ株おじさん at 2009年03月22日 23:17
そうなんですねー。私は彼の魅力を今になってやっと知りました。
こんなにかっこよかったら私も絶対好きになっています(笑)
観てよかったです。
Posted by フェイユイ at 2009年03月23日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。