映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月25日

『IZO』三池崇史

izo-.jpg

この映画の原案である岡田以蔵は実在の人物で、幕末の志士の一人であるから彼を知る機会は様々だろう。
私は司馬遼太郎氏の『人斬り以蔵』を読んだのだが、短編でありながら非常に心に残る作品だった。忘れたくても忘れることができない、と言ったほうが正しいかもしれない。
小説で驚いたのは多分これは作者がこの主人公を愛していない、ということだった。
多くの場合、例え主人公が殺人鬼でもどこかに作者の共感あるいはかっこいいなあだとか実は羨ましいだとか主人公への好意が少しは感じられるものだ。それは容姿でも剣の腕だけでもいいだろう。がこの小説での以蔵は明らかに司馬氏に憎まれているとしか思えない。好意も同情も微塵も感じられないのだった。
こんな哀れな人物がいるのだろうか。小説の中のすべての人に悪鬼、畜生、虫けらのように忌み嫌われるだけでなく彼を描き出す親とも言うべき作者にまで疎まれるとは。小説の中で彼を書き出す文体自体が彼への憎悪、嫌悪、侮蔑に満ちている。彼は誰にも誰一人にも愛されていないのである。
それが信じがたくて何度も読んだ。もう一度読めばどこかに救いがあるのかもしれない気もしたし、怖いもの見たさ、気持ちの悪い虫をそっと覗いてみたくなる心理で読み返したが私自身もこの人物にまったく好きという感情は持てなかった。
彼は容姿としても剣術としても人格としてもその生命自体も悪辣に醜いのだった。と司馬遼太郎の小説からは感じられた。実在の人物なのでその人自身がどうだったのかは知らない。司馬氏の「以蔵」はそうだった。

さて三池崇史監督は以蔵をどう描いたのか、知りたくて観てみた。さすがに人斬りの異名を取る人物にふさわしい人斬りの連続であり、殆どすべての登場人物から嫌われている。
映画として奥行きを持たせるために「IZO」という殺人鬼はいつの時代にも様々な形で存在していくのだ、という表現もされている。国家、戦争なども巧みに織り交ぜ底辺の人間である以蔵の苦しみと存在の哀れさを描いていく。天皇の御前に居並ぶ面々も観てて面白い。
そして幕末に人を殺し続けた為に怨霊となって彷徨い続ける哀れな魂の以蔵。体が強すぎて毒を飲まされても死ななかったという強靭さも何度刺され撃たれても死なない、ということで表現されている。
罵られ、殺され続けても彼は死なず魂は永久に救われることはない。彼はあるゆる殺人者の代表としての怨霊なのだ。

醜悪というべき以蔵と対照的存在の青年(天皇)を松田龍平が演じていてその端正な顔立ちと真っ白な衣装に整然とした美しさを感じさせる。何という神々しさか。
その青年に最後手を伸ばす以蔵は彼の一吹きで倒れ落ちてしまうのだ。残酷な最期だ。こんな男の手が届くわけがない、という惨めさ。
そして以蔵は再び生れ落ちる。また人斬りとしての人生を歩むためか。
誰からも愛されずそのために苦しみ人を殺めまた救われることのない人生を。
怖ろしい永遠を彼は繰り返すのだろうか。

とはいえさすがに長い映画だったなあ。もう少し短いともっとよかったんだけど。まあこの長さが監督の思いだということだろうか。
カソリックだったら懺悔すれば許されるのかな。

監督:三池崇史 出演:中山一也 桃井かおり 松田龍平 ビートたけし 美木良介 高野八誠
2004年日本


posted by フェイユイ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。