映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月28日

『ジプシー・キャラバン』ジャスミン・デラル

TALES OF A GYPSY CARAVAN 2.jpgTALES OF A GYPSY CARAVAN.jpg
WHEN THE ROAD BENDS:TALES OF A GYPSY CARAVAN

このドキュメンタリーを観た多くの人はまずジプシー=「ロマ」の音楽と踊りに圧倒され魅了されてしまうだろうけど、この作品が語りたいことは音楽の美しさ以上にジプシーと呼ばれる「ロマ」の人々の偏見を打ち消したいことなのだと判って今更ながら驚いてしまった私である。

というのはこの作品の中で繰り返し彼らが長い歴史の中で迫害され続けてきたことを訴えているのだがその理由を私は単に有色人種の流浪の民であり、差別と貧困と言葉の違いによるものだと簡単に思っていたからだ。私にとってはジプシーのイメージは流浪のミュージシャンというものだけであった。
彼らの苦悩は欧米での彼らのイメージが「悪人」であり泥棒か麻薬の売人であると決め付けられていることなのだということを考えたこともなかった。ユダヤ人と同じようにナチスによって大虐殺されたのだということも聞いたことはあったのだろうがきちんと頭の中には収まってなかったのである。

内容を観るまではなんとなく『ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブ』のジプシー版みたいなものを思っていたのだが、彼らの音楽と踊りはそういった迫害の歴史と共にあり、その悲しみの中から生まれたものであることは確かなのだろう。
インドを起源としてヨーロッパ各地アメリカにも広がっていった彼ら「ロマ」たちはその長い歴史の中で言葉も外見も地域によって変化してはいるもののその本質は変わらないのだという。
そういったヨーロッパ各地インド、アメリカに住む様々なロマたちを集めてアメリカコンサートツアーを企画遂行したドキュメンタリーというのが本作だ。
同じロマでも顔も言葉も違うが彼らは同じく音楽に対する情熱を持つことで共鳴していく。
ヒターノのフラメンコ、ルーマニアのニコラエのバイオリン、マケドニアのエスマの歌、インド・マハラジャのハリシュの驚くべき膝で回転して踊る為に小さな人になったかのような宙に浮いているかのような不思議な踊り、など目を見張り心に響く素晴らしさである。
ただ先にも書いたようにこの作品が「ロマの音楽と踊り」を堪能する為だけのものではなく「ロマはこんなに素晴らしい人たちで、こうして観ると本当にいい人たちでしょう」という部分に映像が割かれているのが勿体無くもありまた確かにこの作品で彼らへの偏見による差別がなくなるのならそうであって欲しいと思う。

ヒターノの歌と踊りを直で観たなら他のものはとても観れない、という話を読んだことがある。そう言われると何も知らない者としては実際に観る機会があるわけもなし、想像をかきたててみるしかない。
残念ながらこの作品は目的が彼らの理解というものであったためにその音楽と踊りはあっと思うと終わってしまう。
今更ながらもう少し「ロマ」の音楽と踊りを観て聞いてみたい、と思ったのである。

監督:ジャスミン・デラル 出演:タラフ ドゥ ハイドゥークス ジョニー・デップ エスマ ファンファーラ・チョクルリーア マハラジャ
2006年 / アメリカ

私たちの世代では何と言っても「ジプシー・キングス」が有名だよね。彼らの歌はかっこよかった。

本作中でジョニー・デップが登場。発言している。僅かな時間なので居眠り余所見厳禁。彼目的で観る人も多いのだろうな^^;


ラベル:音楽 歴史
posted by フェイユイ at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。