映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年03月29日

『ブラックキス』手塚眞

ブラックキス.jpg

安藤政信をもう少し観たくなったのと手塚眞監督映画というのを(多分)まだ観たことがないので手にとってみた。
なるほど(どうしても言ってしまうが)父・手塚治虫氏と関連するような医学的な要素だとかぺダンチックな要素も絡んだなかなか面白いミステリーで非常に惹き付けられる部分も多々あるのだけど、逆に「どうしてこんな」と思うような幼稚な部分も露出していて好きとも嫌いとも言い難い中途半端な作品だった。

こういう手の込んだからくりと落ちがあるミステリーはむしろコメディに仕上げたほうが楽しめるのではないかと思う。
出演者に有名な俳優を出しすぎているのも妙に騒がしい感じがしてしまう。怪しいプロファイリング博士を演じた草刈正雄だけはとても上手い使い方だと思ったが。奥田瑛二はいいけどオダギリはブラピの真似をしてるみたいに見える、もっとブサイクな奴で充分な気がするのだがたにかく美形をそろえたっていうのが売りなのか?安藤政信目当てで見たくせに言うのはなんだけど別に安藤くんでなくてもいいような、っていうか安藤くんが何故こういう役をやるのか、よく判らない。
大体この役自体がどこか物足りないというか奥歯にものがはさまったようなというか最初隠し撮りみたいな仕事をしていて実はいい写真を撮るのが夢なんだとか言って女の子を騙したり、まあ彼のことも「犯人なのか?」と疑いを持たせようとしたのかもしれないが医者志望だったとか外国旅行をしていたとか怪しげすぎる人物である。いきなり屋上からダイビングするような技も持っているし(普通の人間にあんなことできないよ)彼こそが怪しい、と思われてもいいのだが、本作中ではよく判らない謎のままで終わってしまった。

無駄なほど凝り過ぎた画面は人の好みだろうけど、若いモデル女性が住む部屋としてはあまりにアンチークすぎるのではなかろうか。
美女ふたりがビアン的に仲良しなのを観てるのは凄く好きだが結局そこどまりで男女のエッチシーンは不必要なほど露出するのにビアンな方向を匂わせるのならきちんとやればいいのにと思うのだが日本の映画って何故ここまでなのかねえ、とがっくりしてしまう。ま、ビアンがテーマじゃないんだろうけど、そろそろそういうのが当たり前に描かれてもいいのではないのだろうか。匂わせるんだったらもう一歩踏み込んでやってもらいたいものだ。

猟奇殺人そのものの表現はあまり面白いとも思わないが会議や捜査風景なんかはちょっと興味を持たせられた。
つまりそんなこんなでちょっといい箇所とつまらない箇所がごちゃ混ぜになっているのが本作ではなかろうか。
安藤くんが主人公を気に入って写真を撮っていくとこなんて何かあるのか?と思わせぶりで何もないし何もないなら随分無駄な部分である。

手塚眞氏作品を初めて観てなんだか判る気にもなった。非常に頭を使っているようで大筋が弱いし、表現したいものやり方が多すぎてまとまりがつかない感じ。TVドラマ風な楽しさで作ればいいのだろうけど、映画作品としては奥行きのなさが感じられて寂しいのである。

安藤政信はホントに素敵な顔立ちでスタイルもいいし演技者としても魅力あると思うのに作品に恵まれない人なのではないだろうか。
彼自身もどこかで言ってたようだけどデビュー作『キッズ・リターン』を越えるのは難しいことなんだろう。『46億年の恋』はとてもよかったんだけどね。
今はチェン・カイコー『梅蘭芳』を待つだけだなあ。

監督:手塚眞 出演:橋本麗香 川村カオリ 松岡俊介 安藤政信 小島聖 岩堀せり あんじ オダギリ ジョー 草刈正雄 奥田瑛二
2004年日本


posted by フェイユイ at 22:53| Comment(7) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「情愛と友情」の所でコメント投稿したんですが何度挑戦してもエラー表示になってしまいます。
何か間違えていたらごめんなさい。
こちらから
書きこませていただいても宜しいでしょうか?
Posted by フェデリ子 at 2009年03月30日 00:58
わわ、ごめんなさい。私には判らないんですが時々そうなってしまうみたいなんですよね。
どうぞここにお願いします。
Posted by フェイユイ at 2009年03月30日 01:05
こちらへの書き込みもエラーです。
もしかしたらURLを記しているのが引っかかるのかな?と思ったので、このコメントが大丈夫だったら次にそれ抜きで送信してみます。
Posted by フェデリ子 at 2009年03月30日 15:01
・・大丈夫だったようなので改めて。

ベン・ウィショー君の日本未公開作は、私自身は英、独のアマゾンでDVD購入して観ました。
しかし最近検索したところ、ネット上で観られる場所がありましたのでそれをお伝えします。
URLを記入するとエラーになってしまうため
以下のワードで検索してみてください。

「Baby」という作品はベンが17〜8歳位。監督はミュージックプロモで知られた人。13分位の短編なんですがエロチックです。
「Factory Films」で検索していただいて
そこのother workを開くと6つの映画が紹介されています。
上列真ん中のshort film/babyをクリックで観られます。

もう一つ「My Brother Tom」は十代のベンの代表作。何かの賞も貰っているようです。
父親に性的虐待を受けている少年の役です。
グーグルの動画から「My Brother Tom(2001.UK)」で検索していただくといくつか出てくる動画の中の時間が1:46:14 のが映画全編通しのものになります。

・・分かりにくかったらすみません。
あと数本の映画についてはまた改めてご連絡します。

私が周期的にどうしても観たくなる「ツイン・ピークス」「悪魔のようなあいつ」などのレビューも書いていらっしゃるので嬉しくなりました。他のページも含めましてじっくり読ませていただきます。
ではまたお邪魔します。

Posted by フェデリ子 at 2009年03月30日 16:01
フェデリ子さん、こんなに丁寧に教えていただいてなんと感謝していいかわかりません!!ありがとうございます。
我がブログの調子がおかしくてフェデリ子さんのコメントを受け付けなかったらどうしようと気をもみました^^;

早速、英独AMAZONを覗きましたが私はまだここで購入したことがなく、やり方がよくわかりません。できるならDVDも欲しいものです。なんとか購入できるよう頑張ってみます(笑)
ネットで観られるものも教えていただいて嬉しいです。今ちょうど仕事が忙しくて悲しいことに観る時間がないのですが早く観てみたいです。ほんとに忙しい仕事中にもベンの顔がちらちらして。

『悪魔のようなあいつ』はつい最近初めて観て感激でした。『ツインピークス』はもう何度も観ています。
この辺りのことでもフェデリ子さんとは共通の好みがありますね!!!
これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
Posted by フェイユイ at 2009年03月30日 23:52
フェイユイさま

海外アマゾンでの購入は詳しいやり方を紹介しているサイトがあるので、アマゾン 海外 で検索してみて下さい。

「My Brother Tom 」は英独どちらのアマゾンでも購入可ですが、同じタイトルの別の映画があるのでご注意くださいませ。

「Baby」は「Coming of Age, Vol. 1」というタイトルのDVDに収められています。(ベンの主演した作品は13分位であとは別の役者の短編が二編)こちらは独アマゾンのみの扱いです。

一番最近に観た「Criminal Justice 」は去年のBBCドラマ。この作品でベンは覚えがない殺人事件の犯人として逮捕される若者を演じてRTSのベストアクター賞を受賞。
刑務所の荒くれ男達の中に放り出されたベンのビミョーなブサイクさと可愛さと極上の演技力の入り混じった魅力に引きずり込まれて二枚組DVDをあっという間に観てしまいました。
こちらは英独アマの他、国内の輸入DVDオンラインショップFantasiumでも販売がありました。

DVD化されていない他の未公開作のいくつかはYoutubeに挙がっています。
演劇学校時代に実験的に撮ったらしい?「77 Beds」と 「Spiritual Rampage」の二本とフランス映画「Mauvaise passe」のベン出演部分のみ。
あと珍しい所では去年の舞台のトレーラー
「...Some trace of Her Trailer」の不思議な映像とか十代に出演したチキンカレーのCM(!)までありました。

お仕事が一段落された時にでもチェックしてみてください。

ちなみにベンの次回作は、ジェーン・カンピオン監督で詩人キーツ役の「Bright Star
」。
ジュリー・ティモア監督でキッチュなコメディらしいシェイクスピアの「テンペスト」で空気の精の役。
バロウズやギンズバーグと親しかった実在の人物のルシアン・カー(毒とカリスマ性のあった人物だそうで殺人事件を起こしている)を演じる「Kill Your Darlings」とめじろ押しなんですが果たして日本には来るのやら・・

ではまた長々とすみません、参考になることがあれば幸いです。

p.s 4月公開の「ザ・バンク 堕ちた巨像」はパフュームのトム・ティクヴァ監督でベンは友情出演的にチョイ役で出ているそうです。本人だと分かるような感じなのかどうかは不明。
Posted by フェデリ子 at 2009年03月31日 23:19
フェデリ子さん、何度お礼を言っても足りないくらいです。おかげさまでなんとかamazonで注文をしてみました。フェデリ子さんの言葉がなかったら思いつきもしなかったし、思いついても購入できずあきらめてました。後は私の注文が間違ってないことを祈るばかりです^^;
今日は「77 Beds」を観てみました。英語は解さないのですがやはり見入ってしまいますねえ。ベンの捨てられた痩せ猫みたいな目は素敵です。

次回作も色々あるのですね。気になります〜。
ベンへの恋心が再燃したところへフェデリ子さんの来訪。こんなに教えていただけるとは。
ほんとにありがとうございます!!!
Posted by フェイユイ at 2009年04月02日 00:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。