映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年04月05日

『昼顔』ルイス・ブニュエル

BelleDeJour-2.jpgBelle_de_jour1.jpg
BELLE DE JOUR

いつも同じことを書いてしまうのが申し訳ないのだがまた今回も「昨日とどこかでリンクする」作品であった。

というのはまるきりこれは『胡蝶の夢』ではないか。
というよりこの映画の目的は最高に美しい時のカトリーヌ・ドヌーブを最高にエロチックに撮る為にブニュエル監督が仕掛けたセクシャルな「プレイ」なのである。
妄想とごっこ遊びでこの上なく上品な美貌の持ち主であるドヌーブをいかに貶め辱めを与えるかの羞恥プレイを裏テーマとして持ちながら表向きは貞淑な人妻の懊悩を描いていくという、まあそれもまたセクシャルなので2重に楽しめるということなのだろう。

裕福な結婚をした貞淑な妻という存在のセブリーヌはハンサムで優しい夫とどうしてもSEXができないでいる。彼女を愛している夫は寂しさを感じながらもそんな妻を許し慰めている。
だがある日、女友達から「娼館」というものがあることを聞き、彼女は突然そこを訪ねていくのだった。
とはいえセブリーヌはいつも性的な夢を見続けていたのだ(この夢がドヌーブへの羞恥プレイなのだが)夫とのSEXを拒否しそのことを嫌っているかのような彼女が夢の中では淫らな体験をしていく。
実際に売春を始めてからさらに彼女の夢も屈辱的なものになっていく。

しかしどこまでが夢で現実なのかも本当のところよく判らなくなってしまう。
一体、彼女は本当に娼婦になったんだろうか。それすらも彼女の妄想か夢だったのかもしれない。彼女が次第に明るくなったからといってそれもただ妄想による変化だったともいえなくもないし。
が、そうなってしまうと映画自体が妄想、ということになってしまいそうである。
売春をしたことから妄想なのか、マルセルという変な客と関係を持つことからが妄想なのか、或いはマルセルが自宅に来たことか、夫が撃たれたことか、どこからが妄想なのか、現実なのか。
夫が撃たれたことも現実だったとしてもセブリーヌの秘密をしった男友達の見舞いは妄想だと受け止めていいのか。
夫と抱き合い語り合うラストシーンはどちらなのか。すべてが彼女の夢だったのか。

すべてはお客様のお好みで。ということでもあるかもしれない。

キム・ギドクの『うつせみ』も思い出させる。
このどこまでが夢か現実か、というあやふやさがまた作品の不安定な主婦の精神とも重なり合い、ドヌーブの美しさが清純にも淫らにも見え、何ともいえない妖しい艶かしさではないか。
上品だからこそ男心を誘う、というエロチシズムの極みである。
夜に咲く花ではなく、昼にその色香を漂わせるというこれも意味深な名前である。

フランさんから教えてもらったマルセル役のピエール・クレマンティ。うーん、凄いキャラクターだ。
ギラギラの差し歯に仕込みステッキ。只者ではない雰囲気。なんかこう爬虫類的に気持ち悪いところが目が離せない不思議な魅力。暴力を加える事に何のためらいもない様子とか。
この存在もセブリーヌの妄想なのだとしたら彼女の性体験の相手の異常さが彼女の欲望の異常さも物語ってるわけで。
是非彼の他の出演作も観てみたいところなのだが、パゾリーニは全然レンタルできないのだよねー。残念。

監督:ルイス・ブニュエル 出演:カトリーヌ・ドヌーヴ ジャン・ソレル ジュヌヴィエーヴ・パージュ ミシェル・ピッコリ フランソワズ・ファビアン
1966年フランス


ラベル: エロチシズム
posted by フェイユイ at 22:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画結構好きです。
ラストで彼女の妄想に出てくる馬車の音がして、それが彼女の精神の崩壊を予感させてとても怖いのですが。

若いヤクザのマルセルを演じたピエール・クレマンティはパゾリーニの映画によく出ていた人です。
変態の役ならなんでもござれみたいな人で、肌が白くて唇が赤過ぎて爬虫類っぽくてどうも私はこーゆーのが好きみたい・・・
Posted by フェデリ子 at 2009年04月06日 12:44
ピエール・クレマンティはここにコメントしてくださるフランさんからの紹介で彼を見るためにこの映画を観たのに昨日は書けなくて加筆しました^^;
ホントに変な人ですねー、気になります。

あのラストは精神崩壊ですか!
私はもっとのんびり考えてました。あー、妄想楽しんだ、みたいな(笑)また楽しもうとか。
馬は性的なイメージだし馬車には誰も乗っていないのでまた彼女が新しい妄想をするのかなーと。ん、それが精神崩壊でしょうかね?(笑)
Posted by フェイユイ at 2009年04月06日 13:25
私は、明らかに夢ッぽい部分は彼女の夢(願望)でありその他は全て現実であり、それだからこそ随分と残酷な(妻の仕打ちの)現実話であるなぁと受け取りました。娼館で娼婦になるって、妄想なら可能ですが実際にやってしまうというのが一番衝撃的なのでそこにぞくぞくするエクスタシーがありました。
全ては彼女が始めてしまったこと。遂には夫が愛人に撃たれ・・最後何故またアノ友人(ミシェル・ピコリ)は夫に全てを話してしまうんだろう?・・これ以上残酷な仕打ちはないのに。・・とすると、やはり妄想(願望)?・・解りません。
パリの街並をドヌーブが行くだけでうっとり。上のスチールなど見ると映画の中よりも写真に納まると余計美しさに凄みが出る女優さんのような気がします。動いているともっと可愛らしい印象というか。
とにかくクレマンティが役柄上素敵で愛しいです。でも他のちんぴら達もお洒落すぎ(笑)さすがはパリ〜。^^;クレマンティはフェイユイさんからみてベン・ウィショーとは大分違う感じでしょうかね?クレマンティは触れると火傷しそうな魅力・・しかし眼が放せないというような。母性本能くすぐりタイプかも。美しいし。パゾリーニ作品は見ないと思うので^^;この作品っきりの彼となりそうです。
Posted by フラン at 2009年04月06日 17:53
観る人によって色々に楽しめる映画、ということでしょうか。男性も女性も観れますしね。
上の写真のドヌーブ、色っぽいですよね。危険な香り。脚が細くてきれいでしたっ!!

クレマンティ。そうですねー、この映画に限っての感想ですが、容姿の系統とか気持ち悪さはベンと似てますが、私のベンのイメージは内気でおどおどしてる感じなんですね。そこが好きで。
そういえば私はマット・デイモンも『リプリー』とか『ふたりにクギづけ』とかおどおどした時の彼が好きでした(笑)本作のクレマンティは堂々としてますから私の「好き」からはちょっと外れてるのですねー^^;
Posted by フェイユイ at 2009年04月07日 11:50
よぉく、わかりましたよ〜(笑)おどおど感、ですか^^やっぱり人により色々ですね。私はおどおどしてるオトコ見るとひっぱたきたくなるサドな女ですから^^;マットも『グッドウィル〜』(ナンダカ懐かしいですねぇ)『ボーンアイデンティティ』そして『プライベートライアン』など・・硬派っぽい方が好みです〜^^
Posted by フラン at 2009年04月07日 21:55
おどおどしてる男が好きなのもサディスティックのような気がしますが(笑)
言われてみると守ってやりたい母性なのではなく、サドなのかもしれないと気づいたりしました。
Posted by フェイユイ at 2009年04月08日 00:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。