映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年04月22日

『ブレス』キム・ギドク

ブレス.jpg
BREATH

変な人だなあキム・ギドクって。いつまでたってもちっとも上手くならないし、ずっと低予算で仕上げているんだろうな。
そしてまた奇妙な物語である。浮気している夫に嫌気がさした妻が死刑囚の男に突然面会に行き始める。彼女の行動は死刑囚の男に恋をしたからではなく、夫へのデモンストレーションなわけで夫は妻の訴えに気づき、やり直そうとする。死刑囚の男は人妻の面接に夢中になってしまう。同じ房にいる彼を慕う囚人はそんな彼の邪魔をするのだが。

今日のニュースで韓国では10年間死刑執行はなされてないが死刑判決が出たと言っていた。
となればチャン・ジン死刑囚という設定自体があり得ないことだったのか。
とにかく死刑囚の面接にいきなり行って会えるということ、部屋を飾り付けて歌を歌うこと、直接個室で二人きりになれること、キスをし抱き合うことなどあり得ない展開である。
それらを許したのが顔を見せない保安課長でキム・ギドク監督その人である。ならばこの物語は「あり得ない話だが、夫に幻滅した妻が死刑囚と恋に落ちたらどうなるのだろう」という監督の妄想だといわんばかりである。人妻と死刑囚は最初は窓越しに、そしてキスする寸前で止められキスをし最後には体を交わす。だがその時、彼女はもう夫とよりを戻している。
彼女は小さい時、5分間だけ死んだ経験があるという。水に溺れ5分間息が止まっていた。
女は死刑囚チャン・ジンの息を止めてしまう。もがき苦しんだチャン・ジンはそれまでの恋する表情とは違い憎しみの目で彼女を見る。
チャン・ジンを慕う若い男の囚人がいる。人妻に狂うチャン・ジンに嫉妬しているかのように思えるが所詮叶わぬ恋だとチャン・ジンを引き止めたかったのだろう。そうすることしかできない彼の思いが悲しい。

この作品、先日観た『ぐるりのこと。』と設定が似ている。10年目の夫婦の間の倦怠感。こちらは妻のほうが犯罪者と関わっていく。ぐるりの話は抜きにして夫婦のみの話に焦点を集めている。だがぶつかり合いの凄まじさは日本映画『ぐるりのこと。』の比ではないな。互いに血を流しあうまでの戦いである。

チャン・チェンがとてもかっこいい。人妻が「あなたって目がきれい」と言うがほんとに透き通るような眼差しである。彼を慕う囚人くんが切なかったな。きっとすでに肉体関係があったんだろうねえ。

監督:キム・ギドク 出演: チャン・チェン チア ハ・ジョンウ カン・イニョン キム・ギドク
2007年韓国


posted by フェイユイ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ブレス
Excerpt: 四季が重要なポイントというのは、キム・ギドク監督なので、「春夏秋冬そして春」を当然に思い出す。囚人の面会室の場があり、「私たちの幸せな時間」、「ユア・マイ・サンシャイン」といった韓国映画にもあったとか..
Weblog: しぇんて的風来坊ブログ
Tracked: 2009-08-16 10:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。