映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月14日

『イギリスから来た男』スティーブン・ソダーバーグ

pdvd000uv7.png
The Limey

正直言うとそれほど楽しんで観ていたわけでもなく少々退屈しながらの鑑賞だったんだが何と言っても不気味なほどのムショ帰り親父を演じたテレンス・スタンプがなんとか最後まで観させてくれた。

とはいえ最初テレンス・スタンプの今の顔なんて知らないからこの人誰って思ってなんだかデニス・ホッパーみたいなノリの不気味さだ、と思ってたらピーター・フォンダが出てきたんで『イージー・ライダー』?
もしかしたらホッパーを使いたかったのに駄目だったんでテレンス・スタンプになった、てことはないよな、なんて思ってしまった。
が、しかし観て行くうちにテレンスのよさが見えてきてあーやっぱこの人凄いやって見入ってしまったのだった。

一応、ここでの敵役となるピーター・フォンダとの往年のスター競演ということになるんだろうが私はそれほど『イージー・ライダー』に思い入れがあるわけでもないし、今顔を観てもさほど心が動くわけでもない。
かたやテレンス・スタンプと言えば大方の人がそうであるように私も『コレクター』の彼、というイメージだけだったのだが観て行くうちにこちらはこんなに凄みのある役者だったんだ、と改めて思い知らされ今更他の映画も観てればよかったなどと後悔させられてしまった。
『コレクター』では気に入った女性を部屋に監禁し非常に丁寧な態度で彼女の世話をしようとするのがまたう異常性をさらに高めていたのだが、ここでも犯罪者とはいえ奇妙に堅苦しく見えてしまうのはアメリカが舞台で『イギリスから来た男』であるテレンスでなければ出せない異常な雰囲気が立ちこめているからだろうか。
いかにも軽い感じの音楽プロデューサー役のフォンダとはいい対比である。しかし主人公というのは普通太刀打ちできないような相手を倒すからサスペンスが生まれるのにどう見てもテレンスの方が強そうだし怖いし、最後なんか主人公が怖くて敵が逃げ回って隠れてる、っていうのは変な展開だなあ。ピーターのボディガード役の男性がいい年みたいなのに体を張って闘うのが見ものだったが。
なんだか敵と味方のどっちに同情して観ていいのかよく判らないのだが、それをぶち破って見せてしまうくらいテレンスに迫力があったってことなのか。
とにかく彼の他の映画も観てみたくなってしまった。

監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:テレンス・スタンプ レスリー・アン・ウォーレン ピーター・フォンダ ルイス・ガズマン バリー・ニューマン ジョー・ダレッサンドロ ニッキー・カット
1999年 / アメリカ


ラベル:サスペンス
posted by フェイユイ at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。関東地方祝・梅雨明けです^^
〜テレンス・スタンプといえば『コレクター』勿論面白かったです。ハゾリーニの『テオレマ』とか有名みたいですが私はパスの世界なので^^;とっつきやすそうな『世にも怪奇な物語』はみました。フェリーニのに出演してますよね・フェイユイさんはご覧に?
Posted by フラン at 2009年07月15日 08:40
福岡は今日、晴れ高温→土砂降り→晴れ気温急降下という異常な天気でした。
 
そうそう。テレンス・スタンプって私みたいな人間は絶対観てるはず、なんですが何故かあんまり縁がなかったようで^^;記憶力がないだけかも。
私って本当にテキトーだなあ。でも今DVDではあまりそういう映画って見れないんですよねー。残念です。
でもホントに彼は観たくなったので観れる範囲内でも観ようかな、と。幾つか予定してます(笑)
Posted by フェイユイ at 2009年07月16日 00:12
その『世にも怪奇な物語』は私の大好きな映画なのです。3話目のテレンス・スタンプ主演「悪魔の首飾り」はテレンスの蒼白な顔に死んだようなブロンド、夜のイタリア、グロテスクな喧騒・・デカダンスなロマンに満ちていて堪らない。

「ツインピークス」と内容の共通点はありませんが、私にとってはこの二つはストーリーを観るというより「あの世界に入りたくなった」時にDVDを取り出すという感じ。

これはテレンス・スタンプが演じて200%バッチリ、なのでリメイクなどまるで望みませんがたまーに年齢が同じくらいになった時ベンが演じたらどんななるんだろーかと勝手に想像したりはします。
かなりゾクゾクします。
Posted by ふぇでり子 at 2009年07月21日 23:18
思い出してはレンタルできるか見るんですがいつも駄目なのです^^;
でも今度こそはちょっと本気で借りてみようかと(笑)なんでも本気出さないと欲望は達せられませんね。
ウド・キアーもテレンス・スタンプも昔観てたのにその良さをよく判ってなくて今頃ファンになる私でした。
Posted by フェイユイ at 2009年07月22日 00:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。