映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月17日

Leaves of Glass (Methuen Drama) (ペーパーバック) Philip Ridley (著)

51HwlfLhrBL__SL500_AA240_.jpg

ベン・ウィショー(Ben Whishaw)が出演しているPhilip Ridleyの舞台劇を見ることはかなわないことでしょう。なので英語を読むこともできないくせに買ってしまった(馬鹿) 『 Leaves of Glass

なので「どういう内容だったか」とか聞かないでください。どうせわかんないので。
でも最初のページを見るとSteven Ben Whishawとなっているのでせめてそこだけでもベンの声をあてはめて読んでみようかと思っています^^;台詞だけなので少しはわかるかな?

ちなみに『And the Hippos Were Boiled in Their Tanks』も買ってしまって 『Mercury Fur』も注文いれたの。眺めます(笑)
あ、『And the Hippos Were Boiled in Their Tanks』のルシアン=フィリップはは確かにベンみたいな外見。黒髪、緑の目。


posted by フェイユイ at 16:19| Comment(3) | TrackBack(0) | ベン・ウィショー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わー、フェイユイさん、気合入ってる!是非、がんばって読んで、感想をお聞かせくださいな。私は今、キーツの本を借りて読んでます。ほんっとに、映画が楽しみ!

また『Chriminal Justice』を観てますが、あの鼻血で顔がドロドロ状態になるくだり、わめく裸の囚人を見て、泣きながらヒクヒクするベンが絶妙すぎて、笑いさえ出てくるようになってしまいましたー。
Posted by はーや at 2009年07月18日 01:24
いや、だから、無理ですってばー(笑)
でもなんだか、聞いてもいない台詞の文章読んでるだけでベンの声が聞こえるようで嬉しいなと・・・完全に妄想入ってますね。

あ、でもイギリスの作品ってどれでもどこかおかしいって思わせる雰囲気ありますよね。あの独特な感じが好きです。ベンもきっとこんなびくびくした自分で笑わせてやろうと思ってるんじゃないですか?そういう茶目っ気さがいいなあ、と。
Posted by フェイユイ」 at 2009年07月18日 01:50
フェイユイさん。
ビクビクした自分を笑ってもらおうとするベン!そーなんですよー!そのあたりの、センスをなんとかもっと発揮していただきたいっ!どーにかなっちゃいそうな、ベンのコメディを観たいんです。反対する人もいるだろうな。

うてなさん。
はじめましてー!ラジオの件、私も一応BBCにお問い合わせしてみています。どうなるかなー?管理の甘いイギリスでは返事が来るかどうか…。サイトでは、情報のみで番組の録音自体はアーカイブから削除されてる感じですねー。でも、うてなさんに背中を押されて、もっと先でもいいかなーと思ってたベンのラジオ情報を、これから頑張って情報集めてみることにします。なんせ、『Chriminal Justice』&『Brideshead Revisited』だけでも、お腹がいっぱいで何度観ても没頭してしまい『ベン、これ以上私を魅了しないで』ってお願いしたいくらいで…。
ロンドンで是非お会いしたいですっ!
Posted by はーや at 2009年07月19日 06:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。