映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月21日

『007/慰めの報酬』マーク・フォースター

quantum_of_solace_ver5.jpgquantum-of-solace-2.jpg
Quantum of Solace

007のダニエル・クレイグはかっこいい。それだけで満足。
なんて言うってことは作品自体は本当に破格に面白い、というわけではないってことかもしれないが。
ショーン・コネリーから(というかだけという)007を観てきたような人間にはある程度のイメージがあるのでそこが破壊されるほど崩れてなければふんふんと楽しめるわけである。
とはいえマット・デイモンの『ボーン・アルティメイタム』でもそうだったんだけどアクションのスピードが速すぎるのと振付がまるでNHK『ピタゴラスイッチ』のボールが転がるピタゴラ装置みたいな感じでなんだか笑えてきてしまうのだ。
一番驚いたのはやっぱりボンドトフィールズが飛行機から飛び降りてパラシュートがぎりぎりに開くあのシーン。本物としか思えないような迫力であった。

またこれは好のみの問題だが前回のエヴァ・グリーンが物凄く印象的な美貌で彼女の前にちょっと前菜的美女が登場したので今回のフィールズをずっと前菜だと思ってていつ本命が現れるのかと待ち続けてしまった^^;案内係の彼女が登場したので「この女性???」となってしまったではないか。
いやあ、別に今回の女性も綺麗だったけどエヴァ・グリーン迫力あったんでオルガ・キュリレンコはちょっと弱かったかな。ボンドがまだヴェスパを引きずってるんでラブシーンもなかったし(別の女性とはあったけど)
お約束ダニエルのヌードもあったけどこれも少し出し惜しみ?
つまりなんでも前回を越えるような印象がなく多分それは盛りだくさんのアクションで勝負だったのだろうが、上に書いたように自分の趣味としてはあまりに急ぎ過ぎ軽業すぎでもちょっと大人の渋いアクションの方がよろしかった。

今回の悪役グリーンを演じたマチュー・アマルリック。「誰だっったっけ」とはっとなった。『潜水服は蝶の夢を見る』の彼だった。
小柄で特に悪人面と言うんではないかもしれないが何か心に潜んでいるようなとてもいい顔である。ここでも悪人ぶりがとても魅力的であったが、もっと静かな映画でとっぷりと悪魔的な演技を観たい気がする。

ダニエルの007はもー言うことはないくらいかっこいい。スーツのコマーシャルフィルムみたいだもんね。
映画がばたばたしてるからも少しゆっくり肉体美を観たかったのが不満ではあるけどそれでもまあ主人公だからずっと観ることはできたんでいいかな。
若い007という演出なのか、やたら乱暴である。口先では忘れたと言いつつヴェスパを思い続けているとこが当然のこととは思いながらもちょっとじんとしてしまうではないか。
横顔もしわの刻まれた顔も相変わらずのボディも見惚れてしまう男性なのだ。
ところで以前ダニエルは「そろそろゲイの007が出てきてもいいんじゃないか」と言ってたがどうなんだろ?さすがに国際的スターだから無理かなあ。もし作ったら勿論国によっては公開禁止のタブー映画になってしまうことは間違いないだろうし、ね。

監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ オルガ・キュリレンコ マチュー・アマルリック ジュディ・デンチ
2008年 / イギリス/アメリカ


posted by フェイユイ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(0) | ダニエル・クレイグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵ですよねーダニエル・クレイグ。
あまりアクションものに興味ないのに観に行ってしまいます。
レイヤーケーキもそうでしたが彼の場合、万能なヒーロー過ぎず内向性や屈折感も持っている感じが良いのかな。

ところで、私は近年のアクションやSFものに登場する殴る蹴るで男を何人もなぎ倒す女性キャラクターというのがあまり好きじゃなくて。
いくら鍛えた所でそれは相手がよほど弱った男性でない限りあり得ないので白けてしまうのもあるのですが、それよりもそれだったら女性キャラでなくともいいんじゃないかと思ってしまうんですね。
男性並みにアクションをするならボンドガールじゃなくてボンドボーイでいいんじゃないかと。

ほんとにボンドボーイオーディションをやったらどうなるんでしょうねー(笑)
やはり水着審査とか(笑)
もちろんダニエル・クレイグさんにも相手役を選ぶのですから審査員に加わっていただいて(笑)
Posted by ふぇでり子 at 2009年07月21日 23:39
そうだった。ダニエルはゲイのボンドってどういうシチュエーションを考えてるんでしょ?
大体前回の『カジノロワイヤル』という物語がゲイっぽいという評判だったんですよね(ダニエルの、という意味ではなくて)あの拷問シーンが。

勿論ボンドガール的に007と仲良くなる美青年というのもありですが私的にはジェームズに恋をしながらいたぶる悪役というおっさんゲイを期待したいのですが^^;
でもそんなおっさん同士だったらますます世界で公開しにくいでしょうなあ。
Posted by フェイユイ at 2009年07月22日 00:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。