映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月24日

『その土曜日、7時58分』 シドニー・ルメット

untitled.bmp
BEFORE THE DEVIL KNOWS YOU'RE DEAD

昨日に引き続き祟られたのか周囲がばたばたの中で観る羽目になったのだが、これは久しぶりに計算された脚本でとても面白かった。
物語自体は面白い、なんていう代物じゃなくどーんと重いのだがあまりに構成に凝り過ぎているのでサスペンスの方が効いていてとても楽しい作品、に思えてしまうのだが、多分それを狙っていると思われるので家族内の亀裂・苦悩が計算づくの物語に苦味をくわえてさらに深めてくれているようだ。

時間軸が前後するのはもうよくある手段だがそれが少しずつ台詞や状況を隠したり見せたりしていくのがとても上手くそうだったのかと感心しきり、最近ないほどはらはらどきどきしてしまった。
というのも役者陣の上手さが引き出しているのだろう。
兄・アンディのフィリップ・シーモア・ホフマンは言わずもがなだが弟ハンクのイーサン・ホークの情けなさっぷりがこちらまで伝染してきてたまらなく怖い。
金に困った兄弟が企んだのはドでかい強盗ではなく、自分たちの両親が経営する宝石店の強盗。店には保険金が降りるし、誰も死なず怪我もしない、はずだったのだが。
兄アンディは裕福そうだがドラッグにはまり会社の金を使い込んでいる。弟ハンクは離婚していて養育費を払うのもままならない。
そんな大した理由でもない。兄の計画に弟は最初脅えるが些細な見栄から犯罪を決意してしまう。
何事もなく終わるはずの計画が次々と殺人を引き起こしていく。

何故アンディがこんな馬鹿な計画を考えたのか。長男である彼は宝石店を経営する父親に愛されずずっと冷たくされていた。アンディが「あんたが弟を好きなのはあいつの方が外見が可愛いからだ」というのが悲しい。ホフマンが言うとなんだかおかしくも思えるが家族内の愛情のすれ違いというのはこういうしょうもないことなんだろう。
結構いい地位につくまで頑張った兄よりふがいない弟の方が可愛いのだ。それは容姿がハンサムだから。可哀そうに。
妻もまたそんなハンクと浮気をしていた。アンディはもう怒る気力もない。

アンディがドラッグを楽しむのがあるマンションの一室。華奢なゲイボーイ風の男から注射をして憂さ晴らしをするのだが。
犯罪の尻拭いのために金が必要となり襲ったのがその男の部屋。
アンディが押し入った部屋のベッドで寝ていたのがまるでアンディそっくりの太った男だったのがとても奇妙な感覚でまるで自分で自分を撃つかのような光景だった。

「死んだこと悪魔にが気づかれないうちに天国につきますように」
ぞくぞくする言葉である。


確かにイーサン・ホーク可愛かった。びくびくおたおた、あの後どうなったんだろう。

監督:シドニー・ルメット 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン イーサン・ホーク マリサ・トメイ アルバート・フィニー
2007年アメリカ


ラベル:犯罪 家族
posted by フェイユイ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。