映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年07月28日

『チェ 39歳別れの手紙』スティーブン・ソダーバーグ

untitled2.bmp
Che: Part Two
このゲバラの肖像って「僕は理想を掲げているけど周りは見てないのだよ」という説明のように思える。何故うつむいてるのか。そこが問題。

前篇同様、まるでチェ・ゲバラの傍でゲリラ隊に参加しているかのような忍耐を強いられる、重く辛い鑑賞である。
映画でよくいう息抜きだとか色ものだとかそういった現実にあり得ない配慮なんぞはなくただ飢え渇き、疲れ切り、歩き続けることだけ。
そうだ、まるで何のために戦うのさえよく判らなくなりただ命令に従って自分がいかに辛いか愚痴を言ったりする。
このまま上の人間たちに支配されているだけでは貧困も無学も病気も改善されることはない、今戦い自分たちで変えていかなければならない、というゲバラの理想がそこに生きる人々に浸透していない、という空しさ。

前篇はすべてに勢いがあり、ゲバラの活躍も華やかなものだったが、後篇のボリビアでの戦いはまるで底なし沼にはまっていくかのように身動きも取れなくなっていく。
私は南米の歴史やゲバラの活躍を詳しく知るわけではないのでこの映画を観た限りでだが、その大きな理由はやはりカストロという指導者の有無なのだろう。
キューバでのゲバラは一人の参謀であればよかった。キューバ人の指導者は同じキューバ人であるカストロが担っていたわけで彼のカリスマ性と指導力があるからこそ、彼と緊密な関係でいたゲバラの働きが大きな効果を生み出していく。やはり外国人であるゲバラの信頼性というのは偉大なカストロが見込んだ男である、という人々の認識によって成立していたはずだ。
ところがボリビアでの戦いではカストロの存在が全くない。それは最初に登場した「ゲリラに反対する」モンヘら共産党であったのかもしれないが、キューバでの成功を再現しようとしたゲバラは彼らと離反してゲリラ戦を展開していくことになる。
そのことが果たして正解だったのか。
同国人の指導者カストロの存在がないゲバラは結局後見人のいない外国人で彼は孤立無援だったように思えてならない。ゲバラは一人でカストロとゲバラ二人分を演じようとしたがカストロにはなりえるわけもなく、「外国人の指導者であってもいいじゃないか」と話しあうシーンにやはり人々の本音が見え隠れしているようだ。
何故外国人が入り込んでくるのだ、いざとなれば逃げてしまうのじゃないか、というような気持ちがあるのかもしれない。実際一番本気なのがゲバラだったのだが、その気持ちがどこか空回りしている。
後篇の物語でゲバラが誰かと心から親しくしている場面がまったくなく、唯一それを感じたのは彼がボリビア軍ぬ捕まった時、彼の見張り番であった若い兵士との会話だけだった。このシーンが事実なのかはわからないが。

前篇ではさほど感じなかったのだが、後篇は果たして本当にリアル、なんだろうか。これはゲバラだけの視線なのではないか。
そういえばゲバラが死ぬ時、彼の目線で死が語られた。
この映画はゲバラが見て感じたボリビアでの革命の映像なのかもしれない。実際彼と戦った人々、また農民たちはどう考えていたのか。
勤勉実直で忍耐強いゲバラに対し、ゲリラ兵士たちはしょっちゅう空腹を訴えている。そして農民たちを引き込むにはどうしたらいいのかという話し合いもしていない。
ゲバラには自分の理想だけを追い求め、彼らの姿が見えていなかったのかもしれない。
この作品では英雄となったゲバラが理想を追うあまりに皆を置き去りにし、自分だけが舞い上がり耐えきれず墜落してしまうような、そんな悲劇が映し出されているのだ。

監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、カルロス・バルデム、デミアン・ビチル、ヨアキム・デ・アルメイダ、エルビラ・ミンゲス、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ロドリゴ・サントロ、ルー・ダイアモンド・フィリップス、マット・デイモン

2008年スペイン・フランス・アメリカ

ソダーバーグ監督作品なので『ボーン・アイデンティティー』フランカ・ポテンテとマット・デイモンが出演。
マットは最近すっかりお見限りでこういうゲスト出演みたいなのしか観れずちょっと寂しい。
私的にはボーンシリーズや『グッド・シェパード』みたいのより、昔やった『すべての美しい馬』『ジェリー』とか、ちょっとマニアック(?)な感じのをやって欲しいんだけど。
勿論一番好きな『ふたりにクギづけ』だったらまたうれしいし、『リプリー』ならば、ちょっとおじさんになったリプリーをやってくれたら感激なのだがなあ。


ラベル:革命
posted by フェイユイ at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。・・ちょっとおじさんになったトム・リプリーですか(笑)マット、懐かしいですね。しかしここでまさかドイツ人牧師?になって戦乱に慌てふためく人で登場するとは思いませんでした。でもマットはやはりイイなあ〜と。^^
作品としては本当に後半は、ゲバラの空回りの日々の記録であり、フェイユイさんの感じたとおりですよね。哀しいけれど、(私ごときは解らないけれどなんとなく)彼はこうするしか出来なかったのではと。自らこういった道を選ぶしかなかった。。確かに云えるのは、ケバラとは稀有の存在であったということと思います。そこにこそ、彼の存在意義があるのではないか、と。
Posted by フラン at 2009年07月29日 21:44
懐かしい存在になってしまって・・・マット。向こうでは色々やっているのかもしれませんが。
あまり派手なのではなく知的な小作品とか演じて欲しいんですけどねー、私的には。リプリーはシリーズ物だから可能性ありかなとか。

本作の感想書けるのかしらと思いました。案外長く書いてしまったのですが^^;
これを楽しく観れる人ってあんまりいないですよね。監督もあえて辛い状況を体感して欲しかったのではないかと思います。
そんなかっこいいもんじゃないよーと。革命なんて。孤立無援だし、この場合。
一見、馬鹿な挑戦。無意味、他のことやった方がよかったんじゃないの、と言われてしまいそうなチェ・ゲバラの戦い。
だからこそ心惹かれる人が多いのだとも思います。私はすぐ計算してしまうのでとても彼にはなれません!!やっぱり凄い人ですね。
Posted by フェイユイ at 2009年07月30日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。