映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年08月11日

『サロン・キティ』ティント・ブラス

salonkitty.jpgnazisalonkittyposter.jpg
Salon Kitty

先日観た『カリギュラ』同様この作品もポルノ映画に属されているようなのだが、確かに本作は冒頭部分にはグロテスクな映像とともに性的描写が続くのだが、次第にエロチックではあるが単なるポルノとは言い難いような不思議なニュアンスを帯びてくる。

それは本作のヒロインであるマルガリータを演じるテレサ・アン・サヴォイの存在のせいだろうか。
『カリギュラ』ではその妹ドルシラを演じて兄と性的な関係を持ちながら毅然とした態度を持ち続け、真にカリギュラを理解し愛し続ける不思議な存在だったが、ここでも彼女の演じる女性は同じような精神性を持ちまた外見はきつく髪をゆっていたドルシラの時に比べ金色の髪を豊かに波打たせているこちらでの彼女がはまだ少女のようにも見えて売春婦として体を売りながら清らかな処女のようにも見えるのだ。

ヘルムート・バーガーがナチス将校を演じ、イングリッド・チューリンがタイトルロールとして『サロン・キティ』の女主人を演じる本作は『地獄に堕ちた勇者ども』のパロディでもあるのだろうが本作にも低俗のように見えて、しかしこれが実際本性かもしれない、とも思わせられる。
近々そちらとさらに『愛の嵐』も再観してみようかと思う。

冒頭の豚屠殺場面は惨たらしく見えるがこの場面でその後のナチスの行為を暗示しているのだろう。
また、国家社会主義労働党の強い支持者である美しいアーリア人の女性たちが売春婦の館で奉仕する、という内容の是非は知らないがナチスが様々な「製作」を行っていたのは確かだろう。私は観れなかったのだがNHK/BS『金髪のヨハネス・ナチにさらわれた子どもたち』の話からも本作の内容より常軌を逸したことが行われていたのだから。

さて本作ではテレサ・アン・サヴォイを堪能できたがヘルムート鑑賞としてはやや物足りないかもしれない。彼の危うい魅力がテレサの影に隠れてしまったかのようだ。
やはり彼を観る為なら『地獄に堕ちた勇者ども』の危険なヘルムートをもう一度観てみたい。

監督:ティント・ブラス 出演:ヘルムート・バーガー イングリッド・チューリン テレサ・アン・サヴォイ ティナ・オーモン ジョン・アイアランド
1976年 / イタリア/フランス/西ドイツ
しかしこの映画をイタリア/フランス/ドイツ共作でよく作れるものだ。


posted by フェイユイ at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
観たのがすごーい昔なので、私の記憶の中の内容はもはやカスミを帯びています。
(場所がポルノ映画館だったから気が気じゃなかったというのもあり・・)豚屠殺場面というのも全く記憶にありませんし。

昔、自分の好きな映画ベスト5だった作品の殆どが今はもう観なくていいものになっていたり、かつては意味が分らなかったものに今は強い共感を感じていたりするので、この作品も今改めてみたらどう感じるのかなと思います。

テレサ・アン・サヴォイ はヘルムートやマクダウェルなんかと共演もしてはいるけれど
やっぱり彼女自身はヴィスコンティなんかには使われそうもないB級的いかがわしさがあります。
でも妖精みたいな体つきなのに目つきが重たいところなんかが好きなんですよ。後は大したものに出演して無いようで代表作が「カリギュラ」と「サロンキティ」という、やっぱりB級街道まっしぐら・・その後結婚でもして引退というところでしょうか。

ヘルムート・バーガーは彼自身素敵ですし、またヴィスコンティという超監督が寵愛して良い所を引き出してくれたから恵まれていますよね。私はヴィスコンティの中では地味な作品ですが「家族の肖像」が好きです。
ところで彼は「ドリアン・グレイ」の映画も撮っていますよね。役柄は合っていそうですが出来はどうだったのでしょうね。
Posted by ふぇでり子 at 2009年08月11日 21:02
思った以上に面白くてなかなか見応えのある作品でしたよ。いつか是非観なおしてくださいな。
きっと今観ると感覚違うと思います。もしかしたら公開当時と若干内容が違うかもしれません。

『家族の肖像』は映画館で観たのです!!
でもさっぱり判らずただ凄いのを観た!という満足感だけで充分な若造でした(笑)これも観なおしたいですね。
『ドリアン・グレイ』観てないんですよねー観たいのに。また作られてますね。コリン・ファースが出てるのでちょっと気になってます。
Posted by フェイユイ at 2009年08月12日 00:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。