映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年08月16日

『イヴの総て』ジョセフ・L.マンキーウィッツ

aaebox.jpgall-about-eve-anne-baxter-bette-davis-marilyn-monroe1.jpgeve1.jpg
ALL ABOUT EVE

『ガラスの仮面』でマヤを蹴落とし自分がまんまとその地位にとって代わる少女の話の元ネタが本作だと何かで知ってずっと観なきゃと思いつつ今になった。
なのでまあ若干ネタばれしてたわけだが彼女が怪しいというのはすぐ匂ってくるのでさほど影響がわるわけではないし、判ってた方が最初からより面白く観れるかもしれない。

それにしても一番最初に彼女が胡散臭いと気づいたのはマーゴの世話役の女性バーディなんだよなあ。なにしろまず彼女が自分の仕事を奪われるからなんだろう。
40歳の大女優マーゴの出待ちを毎日してる若い娘に気付いたカレンは彼女をマーゴの楽屋につれていく。
彼女の熱烈なファンで毎日芝居を観に来ているという娘イヴの純粋で熱心な態度にマーゴと劇作家ロイド、そして彼の妻カレンはすっかり好感を持ってしまう。(だが付き人さんは最初っから疑ってる。この人が一番凄かったわけだ)
マーゴはその日からイヴを自宅に泊めて身の回りの世話をさせていく。献身的な姿に皆が感心するばかり。だが付き人のバーディは彼女がマーゴの一挙一動を見習っていることに不審を抱く。最初は笑っていたマーゴもイブがマーゴの恋人に連絡を入れていることを知ってから次第に懸念を持つようになった。

脚本がとにかく上手くて面白い。大女優と若い女優志願の娘が火花を散らして駆け引きをする、なんていうのは他にもあるかもしれないが本作が面白いのはその他の諸々の設定やエピソードなのだろう。
設定が「二人の女優」ではなく「二人の女優と付き人の女性と劇作家の妻」という4人(あとで5人目が登場するが。6人か)の女性の駆け引きが主体になっている。男たちはその間をうろうろするという感じだが、だからと言って間抜けなのではなくきちんとした役割を持っているのがまた面白い。
まず何と言っても面白いのが女優ではなく劇作家の妻としての役であるカレン。彼女がこの物語の案内人ということなのだろうが、まずイヴに同情しマーゴの短気を怒るがそれは友人としてであって心底はマーゴを好いているのだが途中で変な計画を立ててしまいそのことで追い詰められてしまうという過ちを犯してしまう。劇作家である夫を愛し、マーゴに強い友情を持ついい女性なのだ。
そして気位が高い女優マーゴは人気実力ともに認められているのに40歳を迎えたこともあり演出家で8歳若い恋人ビルが自分から離れていくような怖れを振り切れない。エキセントリックな女優をベティ・デイビスがこれでもかって感じで演じている。まさに、というところ。
そして非常にしとやかな美しさで騙していくのがイヴを演じるアン・バクスター。マンガ『ガラスの仮面』では彼女役は判り易く悪者顔だったが彼女の顔だけを観てたらやはり騙されるだろうなあ。
ところでこの映画で最も分岐点となるのがイヴがマーゴの恋人ビルに言い寄る場面だと思うんだけど、ここって他の映画なら若い美人の彼女に普通落ちるよね。男の性ということで好き嫌いというよりつい一度関係をもってしまうだけっていうこともあるはずなのに本作ではビルが「僕が愛してるのはマーゴなんだ」ときっぱり言うわけでこれは今ならこうはできないかもなあ。それはカレンの夫も同じなんだけど随分固い男たちなのだ。女性としてはこの辺嘘だろうがとても嬉しい展開じゃない?新聞記事を読んでビルがマーゴを慰めに飛んでくるとこもそうそうこんないい男いないよって感じでよかったねえってマーゴに言ってやりたくなるじゃないか。
(というかうまい脚本だけどここと冒頭皆がやたらイヴを信頼してしまう場面はちょっとだけ「?」とならなくもない。でも許す!)
 
イヴの本性が段々見えてきて騙されていた4人ともすっかり判ってくると却って彼らの仲は前より強く結ばれていくのがおかしい。特にマーゴとビルはこれで結婚することになったんだから逆によかったのか?
そして彼ら以外の人々が(新聞記者マックスは別として)彼女の演技に拍手を送り騙されている中でイヴが受賞した感謝の言葉を述べるのを4人(とマックス)だけがしら〜と聞いているのも楽しい。

まったく意味合いもテーマも違うのだが、どこか昨日観た『マルコム]』と重なるものを感じるがマルコムが自分の犯した間違いに気づいていくのと違いイヴはますますこの道を歩んでいくわけだ。
第5の女性というのはハリウッドから来た女優役の(なんと!)マリリン・モンローで、そのままの役みたいな新進若手女優という役で美貌と愛嬌をふりまくのだが、ちらりと出るだけなのにまるでとろけてしまいそうな色っぽさ。同じ若手女優でもイヴとは全然違うイメージなのだ。そして第6の女性が最後に登場する女子高校生。すっかりスターになったイヴの留守中の部屋に忍び込み、怒って電話しようとするイヴに言い訳をする。イヴのことを思い返せばどこまでが真実か嘘か判らない、という落ちで実際ぬけぬけと嘘をついてみせるのだ。
こっそりと見えない場所でイヴが着ていた華やかなローヴを身にまとい彼女が受けたトロフィーを掲げた姿が三面鏡に無数に映し出されこういう出来事が果てしなく続くことを暗示している。

上にあげた点だとか他にも作りすぎな感もあるがそれでもなかなかおもしろかった。特に関係が破壊されたとかいうのではないから気軽に観れるかもしれない。

監督:ジョセフ・L.マンキーウィッツ  出演:ベティ・デイビス アン・バクスター ジョージ・サンダース マリリン モンロー ゲイリー・メリル
1950年アメリカ

『ガラスの仮面』ではマヤが乙部のりえに踏みにじられてしまうのだが、それを怒ったあゆみさんが芝居で彼女を叩きのめす、という爽快なやっつけ方をする。この話が凄く好きで、あゆみさんってなんて素敵なの〜となってしまう私だった。かっこいい。



ラベル:サスペンス
posted by フェイユイ at 22:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画は、大好きなマリリンが出て来るのもお楽しみだし、時々観たくなる作品です。
イヴ・・大人しそうな顔しちゃって怖いですねえ〜☆て故淀川さんの解説が聞こえてきそうですよね。とにかくアン・バクスターが印象的でした。〜ウィキで調べたらなんと祖父がフランク・ロイド・ライト!!〜凄い^^;
Posted by フラン at 2009年08月17日 20:38
フランク・ロイド・ライト、と言われてもぴんと来なかったのですが^^;うはあ。どういう血統の家系ですか?
ほんとにこの顔立ちだったら騙されてしまいますねえ。段々本性が出てくるとこが怖い。

昔の映画って色んなものがあって観るごとに驚かされます。今はリメイクかマンガに頼ってるか(どちらも一回映像になってるものをまた映像にするんですもんね)ばかりで退化してるとしか思えません。特にハリウッドは。
ストーリーも面白いですが小さな台詞なんかがとても楽しいんですよ、こういう作品って。
ベティ・デイビスのふて腐れ具合もよいです。
Posted by フェイユイ at 2009年08月18日 00:24
フランク・ロイド・ライトは偉大な足跡を残している天才建築家。作品としては日本の帝国ホテル等もですが中でもニューヨークのグッゲンハイム美術館は印象的。ここは中が映画の舞台として使われるコト多し。館内がユニークなスロープ状のようです。『誰かにみられてる』『サボテンの花』で確か観ました。この『サボテンの花』ゴールディー・ホーンが最高にキュートでなんとあのイングリッド・バーグマンがコメディをやっていて興味深い一作です^^◎
Posted by フラン at 2009年08月18日 17:33
うんうん、私もウィキで見ましたがかっこいいですねえ(こんな形容しかできない・・・^^;)建築っていつも見てるわけですがほんと調べると様々なものがあってなにしろモノがでかいだけにこういうデザインをする人って凄いと思います。時々急に興味を持って建築の写真を見たりはするのですが名前は知らなかったです〜〜。
工場のデザインもそうですが私ときたらぼーっと見てるだけなんですねえ、いつも^^;

フランさんが挙げられた作品早速探したんですが、これまたレンタルされてない!!!何故かいい作品ってないんですよねー、どういうこと!!!

でもそうですね。映画でもそういうとこ(建築デザイン)に注目して観てる方々もきっといるのだろうなあ。
Posted by フェイユイ at 2009年08月18日 18:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。