映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年10月14日

『ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢』ジェームズ・D・スターン/アダム・デル・デオ

every_little_step1.jpgEveryLittleStep.jpgevery-little-step-7.jpgevery-little-step-8.jpg
EVERY LITTLE STEP

このDVDの存在を知って観てみたい、早く観ようと思いながらつい先延ばしにしてたら偶然前日TVでこの映画の「ポールのオーディション」の部分のみ(若干前後)を観てしまった。突然TVをつけてなにやらオーディションみたいでこりゃ『コーラスライン』だよね、と思ってたらあの青年のオーディション風景のあの演技。あまりの出来事に驚いて後で新聞観たら自分が先延ばしにしていたアレだと気づいて慌ててしまったのだった。いつもだけど早く観なきゃねえ。

ブロードウェイの凄まじい生き残り世界。大陸各地からその地に憧れて数えきれないほどの若者が集まってくる。一つのミュージカルの為に何千人というダンサーが集まり歌い踊り演技する。審査員は同じものを何度も繰り返し見続け、気に入らなければいとも簡単にバッサと切り捨てる世界で、何度も聞いてきた台詞をある青年が繰り返したことで審査員がそろって泣き出す、そういうことがあるなんて。信じられなかった。
ホントに早く観てみなきゃと自分を叱咤しながらレンタル。やっと観ることになった。

アッテンボローの映画『コーラスライン』は少し前にも観たから(何度も観てるが)まだ記憶が生々しく残ってる。
TVで偶然観てしまって私を慌てさせてくれたジェイソン・タムが演じていたポール役は特に印象的な役なのだ。
彼はゲイでずっと両親に引け目を感じていた。ある日彼の仕事場の舞台裏に両親が訪ねてきていて、ポールは女装して踊っている姿を見られ激しく動揺する。
だが父親がプロデューサーに頭を下げて「息子をよろしくお願いします」と頼んでいるのを見たポールは初めて父親が自分のことを息子と呼んでくれたことに涙する、という感動的な告白をする役なのである。
その役に挑んだジェイソン・タムはずっと選考に残っているのだから歌も踊りも上手いはずでその上で彼らを泣かせるほどの演技をしてみせたのだ。他の人は多くが台詞を書いた紙を持っているのにジェイソンは何も持っていなかったからきっとあの演技は彼の中に入り込んでしまってたんだろう。あの時点で審査員が「彼に決まりだな」と言っているから決定したんだろうけど、却って観れる時間が少なくなってしまったのが残念なほどだった。彼の全部の演技を観てみたい。

そして彼の部分だけでなくあの映画にも負けないほど感動的なドキュメンタリー映画だった。
これも少し前TVで話は聞いていたコニー役に挑戦した沖縄出身のユカ・タカラ(高良結香)さん。かつてコニー役だったバイヨークは最初彼女が気に入らなくて別のアジア系に一票入れてたんだけどオーディションが物凄い長期戦な為か最後の審査ではユカの方が圧倒的に魅力が勝っていてついにコニー役を勝ち取ってしまった。
この長期戦というのは他の候補にも影響してて半年前の演技は素晴らしかったのにそのやり方を忘れてしまったのがシーラ役の女性で私も最初素晴らしい魅力があると思っていたのに運命とは残酷なものである。そして代わりに輝いたのは黒人女性の演じたシーラだった。この役も印象的で覚えているが登場人物の中では年かさの女性でしたたかな強さを持っている女性の役なのだ。

あのおっぱいとお尻のダンスをするヴァル、絶対的に上手くなければやれない元スターのキャシーなどの白熱するオーディションが続くが、映画で一番飛び抜けていた「サプライズ」の黒人青年の場面はなかったのが少し残念。

それにしてもこの映画はオーディションに打ち込む若者たちの姿だけではなく、『コーラスライン』を作りあげた亡きマイケル・ベネット、彼と共に振付をし審査員の中心人物ボブ・エイヴィアン、初演でコニー役だったバイヨーク・リーなどの青春もまた彷彿とさせる。ジェイソンの演技で涙したのは彼の台詞を聞いているうちに初演の時の思いが蘇ったのではないのだろうか、と感じさせる演出でもある。
そしてこのミュージカルが最初から完全なものではなくあの「おっぱいとお尻」のダンスナンバーがネタばれだったと気づいてタイトルを変えただとか、2度目のチャンスを願って挑戦したキャシーが当初は落選されていたことがいまいち感動を失わせていてある上演時にそれを指摘されたことからキャシーがメンバーに選ばれるように脚本を変えたらその時から人気が出ただとか、とんでもない変更もされていたのだった。
確かにあんなに懸命に踊りプライドも捨てて嘆願するキャシーが選ばれないならがっかりしてしまうだろう。そう言えば昨日観たティム・ロビンスの『未来は今』もセカンドチャンスというのがテーマだった。

『コーラスライン』そのもののオーディションドキュメンタリー映画。選ばれる者がいれば勿論落とされる者もいる、非情な世界だがそれだけに選ばれたダンサーたちの喜びは大きい。日本人のユカさんはじめ、選ばれた見知らぬダンサーたちの喜びの涙についつりこまれてしまった。
ダンサーという人々にこうも惹きつけられてしまうのは何故なんだろう。また映画も観たくなってしまった。

いやできるならこの登場人物たちのダンスと演技を観てみたいものだ。

監督:ジェームズ・D・スターン/アダム・デル・デオ 出演:マイケル・ベネット ドナ・マケクニー ボブ・エイヴィアン バイヨーク・リー
2008年アメリカ


posted by フェイユイ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。