映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年10月14日

『ミッション・トゥ・マーズ』ブライアン・デ・パルマ

00797252-photo-affiche-mission-to-mars.jpg10045379A.jpgmars20.jpg02_mission-to-mars.jpg
MISSION TO MARS

こんなクラシカルなSFが2000年アメリカ製だなんてとても不思議なことである。しかも監督がブライアン・デ・パルマ。彼がこんな教科書の付録ででもあるかのような映画を作るとは思わなかった。かといって映像がしょぼいわけではない。ただもう当たり前すぎる内容なのだ。なんとなくテーマパークでイメージフィルムとしてエンドレスに流されている映像にぴったりのような気がする。

物語としての高揚感だとか謎解きだとかサスペンスだとかは全く感じられない。
近未来(2020〜2021年だと)宇宙航行がある程度進んだ世界なのである。
火星で謎の現象に脅かされた仲間たちを救助するためのミッション、という設定でジム(ゲイリー・シニーズ)ウッディ(ティム・ロビンス)たちが1年をかけて火星へと向かう。

仲間を救う為に1年をかける、というのはややのんびりし過ぎ。大概死んでいるだろう。
だが彼ルーク(ドン・チードル)は生きていたのだが。
物語のリアリティは死ぬほどないのだが、やたらと細部の描写が細かくリアルである。どうやらNASAが全面協力した、ということらしい。やはりストーリー映画ではなくNASAのイメージフィルムなのである。
ルーク達を助ける場面よりその前のジムたち救助船が裂傷を作ってしまった対処の場面の方がかなり凝っている。ここなど本当にテーマパークの宇宙船に乗りこんで周囲がぴーかぴーか光りながら画面や床がぐらぐらゆれたりしてその気分を出してみせるあの感じに似てる。
それにしても出演者たちは芸達者が多くてこれもまた不思議。ただ単にこういう映画に出たかったのか。何やら特典があったのか。
まあ出演するのもそれこそテーマパーク(しつこい)に入り込んだようで楽しかったのではないだろうか。
火星での強力なエネルギー物体というまではいいとしても巨大な顔のオブジェだとか、その中の宇宙の画像だとか、火星人のデザインだとか、物語の説明、最後のはるか宇宙への旅立ち、など本当にしつこいけどテーマパークの乗りで楽しいと思うべきなのか学校の修学旅行で体験するくらいの害のない優等生的な展開でゲイリーもティムもドンも真面目に演じていて偉いものである。

デ・パルマ作品なのでもっと異色なものを想像していた。どうやら酷評された作品らしい。酷いというわけでもないのだが、わざわざデ・パルマが何もこういうSFを作らなくともいいだろう、ということなんだろう。何故彼がこんな無味無臭な映画を作ったのか。その謎を解いてもらいたい。

監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ゲイリー・シニーズ ティム・ロビンス ドン・チードル コニー・ニールセン ジェリー・オコンネル
2000年アメリカ


posted by フェイユイ at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ティム・ロビンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。