映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年10月23日

『オリバー・ツイスト』デビッド・リーン

c100165001_l.jpg
OLIVER TWIST

先日観たベン・ウィショーの動画で彼が「初めて観たミュージカル映画が『オリバー』で」と言っていたのでつい気になって観賞。多分ベンが観たのはこれじゃなくてマーク・レスター主演のだと思うけどレンタルできる『オリバー』映画が3作あってマーク・レスターのは私も観賞済みだし、とりあえず昔のから観てみるかということで1947年作のこれから観てみる。監督はなんとあのデビッド・リーンだけあって、知っている内容とはいえ、非常に見応えのある映像だった。

陰影のきついモノクロ映像がロンドンの貧民街を描くのにはぴったりである。遠くから映した橋のある風景などまるでファンタジックな雰囲気を持っている。
過酷な運命が待っている幼い少年オリバー・ツイストの物語だが、ぽんぽんと進行していくせいかさほど深刻にはならず(と言うのは褒め言葉にならないのかもしれないが)楽しんで観ることができた。
孤児の少年たちにスリをさせているユダヤ人フェイギンのぎょっとするような怪異な容貌だとか、犬を連れた乱暴者サイクスとその愛人ナンシーなどのキャラクターは他の多くの作品にも影響を与えているのではないだろうか。
観賞した『オリバー!』のマーク・レスターはすこぶるつきの美少年だったのでこちらのオリバーはどうだろうかと思っていたのだが、同じように金髪でやや面影も似ているような可愛らしい少年でもっと痩せている分、本作のオリバー君の方がらしい気がする。
物凄く奇怪な鼻を持つフェイギンはなんとアレックス・ギネスであった。フェイギンというのは少年たちの親分と言うことにはなってるがそれほど少年たちを虐待しているわけでもないのだった。そのせいもあってこのスリの一味はなんとなく楽しげに見える。孤児院から葬儀店でのオリバーの生活が悲惨だっただけにロンドンのこのスリ集団は自由で面白そうに見えてしまう。
物語自体は可哀そうな運命に翻弄されるいたいけなオリバー少年が実は・・・というハッピーエンドでそれほど感銘を受けるようなものではないのだが、彼を取り巻く人々や街の描写などが魅力的で観てしまうのだろう。オリバーは何もしないという指摘もあるようだが、一応「お代り欲しい」を訴えたり、母親を侮蔑した男が自分より遥かに大きいにも関わらず飛びかかったり、スリ集団にも興味を持って仲間入りしているとは思うのだが。

映画としては極めて忠実に映像化しているという作品なのだろうが、重厚な味わいのある締まった作品になっているのはさすがにデビッド・リーン監督の手によるものだからだろうか。
細身の美少年を愛でる方にも必見の作品だ。

ところで、ベン・ウィショー、子供の時に演じるなら孤児のスリ少年ならまさにぴったりなのにフェイギンを真似たりしてた、っていうのが面白い。サイクスと比べても非常に陰影のある役だし、優しいような部分もあったり複雑で難しいキャラクターなのだが。さすが、ベン、風変わりな性格を感じさせる。

監督:デビッド・リーン 出演:ロバート・ニュートン アレック・ギネス ケイ・ウォルシュ ジョン・ハワード・デイヴィス アンソニー・ニューリー
1947年イギリス


posted by フェイユイ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。