映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月06日

『黒水仙』マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー

image.jpgdeborah-kerr-black-narcissus.jpgblack_narcissus.jpg
BLACK NARCISSUS

少し前に尼僧に物凄く興味が湧いて(どういう趣味だと言われそうだが何と思われても別によい。というか元々尼僧に憧れはあるのだが)その中でこの作品を見つけたものの何も読まず観ればよかったんだが、レビューなんぞをちら見したらいいと言われてたり物凄く変な風に書かれてたりでつい躊躇してしまった。先日フランさんに高所恐怖症には怖いと言われ酷い高所恐怖症のくせに怖いもの見たさで観ることにしたという変な経緯である。

しかしこれは面白かった!

というか、本当にこの作品自体が面白いのかどうかよく判らない。ままあるのだが、勝手に想像を飛ばしてしまって面白く感じてしまうのかもしれない。
というのは、作品としては舌足らずで説明不足のような気もするし、芸術的、というには低俗でもありそれほど革新的だとか美しいとか言うには遠い気もする。
ただ、ヨーロッパ文明から遠く離れたヒマラヤの山奥のひっそりと佇むキリスト教修道院に身を置く修道女たち、という不思議な映像が勝手に頭の中で神秘的なイメージを膨らませてしまったようでもある。
問題の絶壁の頂上に何故かせり出して掲げられている鐘を鳴らす修道女、というイメージは強烈である。神につながるはずの鐘を鳴らす為にほんの少し身を傾ければ奈落へ落ちてしまうというその状況はまさに異境の修道院へ派遣された彼女たちの運命そのものなのである。
その地に長い間住みついているイギリス人男性ディーンは彼女らが到着もせぬうち物知り顔に言い放つ「ここへ来た修道士でも長い間は持たなかった。女ならもっと早く逃げ出すだろう」

優秀な尼僧クローダですら到着したその日からすでに忘れていた昔のこと。自分がまだ俗世間にいた若い頃の恋人のことを思い出してしまうのだ。
他の尼僧も同じようにかつての自分を思い出し、神に仕えることとの板挟みになって苦しむのである。
それは大自然の中で遠くが見えすぎることであるとか、始終吹いている風のせいであるとか、自分たちを取り囲む異世界の住民たちや華やかな衣装を着た王子などが彼女たち敬虔な尼僧を神の教えから引き放してしまうのだった。

神の国に近いのでは思えるような高い修道院にはいつも強い風が吹き込んでくる。
ヒマラヤの大自然の美しさは神の掟を守ることより生々しい人間としての生き方を思い出させてしまうのだろうか。厳しい修行に耐えていたはずの尼僧たちは何故この場所に耐えかねてしまうのだろう。
『黒水仙』とは尼僧たちが豪奢な王子を例えて言っていたことからして自惚れ(つまりギリシャ神話のナルキッソスからの連想として黒いナルキッソス(水仙)だと言ったのだね)だと言うのだが、とりわけクローダにも自分なら大丈夫だと言う自惚れがあったという皮肉もあるのだろうか。(日本語的にクローダっていうのがまた)
キリスト教をこの地にも浸透させることができるという自惚れも無残に潰されてしまった。

こういう物語には多いのだが、尼僧たちはあくまでも英語を教え、キリスト教を教えるのであって彼女たちが当地の言葉を覚え、当地の人々の信仰を勉強するということはあり得ないんだよね。それをやってしまうと布教にはならないだろうし。
着るものも格式も故郷にいる時の同じスタイルの彼女たち。物語の中に登場する人物も英語を話せる少年と城を守る奇妙な老婆と色仕掛けで迫る少女と身分違いの王子が現地の人間として描かれるが尼僧たちと心を通わせる話は全くないのである。
一方その地に住み着いているディーンは住民とも打ち解け信頼を得ている。クローダは自分が従うべき他の尼僧までもディーンを頼りにしていることに嫉妬すらしてしまう。

そして最もおかしくなってしまうのがシスター・ルース。尼僧たちは皆ディーンに惹かれてしまうのだが(それは単に異性としてというだけでなく頼りになる男性という価値感がここではイギリスより強く感じられるからではないだろうか)彼女の感情は彼と話す機会の多いシスター・クローダへの嫉妬として歪んでいく。
僧服を脱ぎ捨て化粧をしディーンの元へ走るが彼にはそういう願望は全くなく追い返されてしまう。クローダの背後を黒い鬼のような姿になって階段を上がる彼女の姿がぞっとするほど恐ろしい。この場面はどんなホラー映画より怖かった。
崖の鐘を鳴らすクローダをつき落そうとしたルースはもみ合ううちに逆に崖から落ちてしまう。最初に感じた神へ通じる鐘の場所が彼女を裁いたのだろうか。

実際にヒマラヤでロケをしたわけでもないらしい。山脈の風景ははっきりと判る絵であるし、チベットの僧侶たちだとかインドの王子だとかこの場所もどこなのか自分も判りはしないのでその奇妙さに首をかしげながらもエキゾチックな光景に見惚れてしまうしかない。
信仰心の無力さを描いたような不思議な作品でもある。それでもデボラー・カーの気品ある美しさは孤高の尼僧を演じるのに申し分ないものであるし、最後結局逃げ出してしまうもののこれを戒めにしてまた頑張るという彼女の健気さに打たれてしまう。訝しみながら観賞したもののちょっと奇妙な味わいもあるもののとても面白い作品だった。
ディーンと王子様に色目を使う現地の少女カンチをジーン・シモンズ(キッスじゃないよ)が演じている。

やはり尼僧姿はそそるのであった。あの厳格な白い衣服で身を包んだ姿に参らない男っているのかね。
ルースさんなんて尼僧の時は色っぽいのに普通の服で髪を出しちゃうとセクシーじゃなくなってしまう。

しかし黒田とか彩とか関知とかさぶとか日本語みたいな名前が多いな。

監督:マイケル・パウエル、エメリック・プレスバーガー 出演: デボラ・カー デイヴィッド・ファーラー ジーン・シモンズ サブー フローラ・ロブソン ジュディス・ファース
1946年イギリス



posted by フェイユイ at 00:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウッわー☆デボラ・カー綺麗ですね!こんな綺麗なヒトが尼僧になっちゃ駄目でしょう、て違うか^^;〜私これ一体いつみたんでしょう・・もしかして40年近く前かも(キャー)^^;テレビの民放のナントカ劇場でみたのだと思います。うちの母も一緒にみていて(私の映画好きは母の影響^^)イロイロ説明してくれたのでした。母はデボラ・カーが好きで(あとグレースケリーも好きだそう・同じ系統ですよね)ジーンシモンズのこともヴィヴィアン・リーに似てる,言ってました。
私はとにかくラスト?あの断崖から墜落するシーンが全てで。;;いや〜衝撃でした。母と息を詰めてみた思い出の名画です。。^^
Posted by フラン at 2009年11月06日 23:59
尼僧好きな私を充分満足させてくれました(笑)自分が男だったら物凄いマニアになってしまいそうで怖いです。
尼僧って危険な存在ですよねー。こんなきれいなシスターがいたら邪な考えで教会に通ってしまいます。どきどき。

設定が凄いので変な映画かと思っていたんですがとても面白かったですよ。私みたいなちょっと変わった映画が好きな者には特に楽しかったです。フランさんお勧めで迷わず観てしまってよかったです〜m(__)m
Posted by フェイユイ at 2009年11月07日 00:10

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://54lmxvl.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月19日 00:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。