映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月06日

『サンセット大通り」ビリー・ワイルダー

sunset%20boulevard%202.jpgsunset.jpgannex-swanson-gloria-sunset-boulevard_021.jpg
SUNSET BOULEVARD

図らずも昨日に引き続き概念に取りつかれた女性の狂気であった。
すでに引退したかつての大女優がいつまでも自分はスターである、ありたいという執念から彼女を狂気に追い込んでいくと言う話だ。こういう物語は「女は辛い」とかすぐ言われそうだが、男も結局は同じことで役者に限らずどの仕事でも老いは必ず人を能力(美でも体力でも頭脳でも)を衰えさせていくものである。彼女の場合は幸運にも財力には恵まれていたのだし(私は途中まで本当は金ももう底をついているのでは、と思ってた。やはりハリウッド女優は破格なのか)こんな若い色男がのこのこ家へ入り込んできて短い間とはいえ(と言ってもかなりいたのだよね)彼を虜にできたうえ、都合が悪くなるとすっかりボケてしまえるのだから幸せだなあとしかいいようがない。
私が驚いたのはノーマの自殺未遂ですっかりギリスが動揺してしまい彼女の家にいついてしまう箇所でつまり彼女が助かったのも見届けたのだし、あそこで出て行けばいいのを止めたのは彼が元々そういう素質を持っていたんだ、ということだった。そういえばこれまでアメリカ映画(に限らないが)こういう男は決まってしょうもない脇役のはずで主人公の男が情にほだされたんだか金目当てだかその二つが入り混じっただかで金持ち中年女のヒモになってしまう話ってないのではないか。
仕立屋で「どうせ女に買ってもらうんだろう」などと屈辱的な言葉をかけられたり、本人がひた隠しにしている様子、好きになった女性の蔑視を見ても彼の立場は男性にとってこれ以上ないほどの悲惨な状況であるようだ。またノーマに忠実に仕える執事が実は彼女の最初の映画監督であり最初の夫であったと言う驚愕の落ちもあってその彼が彼女を悲しませないことが自分の仕事なのだと映画撮影が始まると信じ切っているノーマの為に嘘のカメラマンを用意して撮影の振りをしていく最後など、感動すべきなのかコメディなのか紙一重というかんじですらあった。いや、笑っていいのかもしれない。涙も流しながら。
ノーマを演じたグロリア・スワンソンの目をむいた演技も壮絶で、ぞっとさせながら泣かせながらのコメディであるのではないだろうか。

監督:ビリー・ワイルダー 出演:ウイリアム・ホールデン グロリア・スワンソン エリッヒ・フォン・シュトロハイム バスター・キートン ナンシー・オルソン ブレット・クラーク
1950年アメリカ


ラベル:サイコ
posted by フェイユイ at 22:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
フェイユイさんビリー・ワイルダー評初めてではないですか?^^私は遥か以前みて物凄く感動したのですが何故か「もういいかな」て感じ。名画ですが。素晴らしすぎて〜(笑)
ストーリーテリングすごいですよね。最初、プールに浮かんでる死体がナレーションし出すんですから^^;。細部は忘れたのですが多分今一度何かでこの映画を眼にしたら奈良きっと最後まで見てしまう。本当に素晴らしい・ワイルダー作品は。(すいません軽い信者なもので・・)
・・自分に浴びせられるフラッシュをライトと思い芝居を始める圧巻の場面・・古典になったのでしょうね。こういった場面を「サンセット大通りのような〜」とか後に云われたのでは。フェイユイさんの感じるとおり、ワイルダーは喜劇の人なのですが喜劇って多分狂気と背中合わせなのかもしれませんよね。
余談ですがウチの母はデボラカーやグレイスケリーやらヴイ゙ヴイアンリーやら好きでしたが私は断然マリリンモンロー。このワイルダーに生かされ(多分愛してもいたと思う)ながらも憎まれた女優です。そんなヒトはマリリンだけでしょう。シャーリーマクレーンは利口だから愛されたくち、カナ。思い出しましたがヒッチコックの金髪好きは有名ですよね。グレースケリーには恋焦がれたそうな・・キムノヴァクもティッピーヘドレンも金髪ですね・あ大分話がそれました。
Posted by フラン at 2009年11月07日 00:21
あー、そうなのかもしれませんね。勿論初めて観たわけではなく(笑)(あ、でもこれは初めてです)フランさんの『アパートの鍵貸します』『あなただけ今晩は』マリリン出演作などなど大好きでした!
本作も凄く面白くてちょっと褒め方足りなかったですね(笑)冒頭からあのナレーションですっかり魅せられてしまいますよね。
この作品は多分色んな作品の元ネタになってるような気がします。映画人にとって自分たちの話をこんな風に面白く映し出してるんですからねー。
私もマリリン・モンロー大好きです!!!何故なんでしょうねえ。こんな可愛い人って他にいません。
ヒッチコックは物凄く金髪好きですが、あくまでもクールビューティでないと駄目なんですね。確か「マリリン・モンローなんていう女優は何の魅力もない」みたいなことを言ってた記憶が。グレース・ケリーが理想の女性でつんととりすました女性が突如熱いキスをするから魅惑的なのだということでした。私はヒッチ映画は好きですが出演女優さんたちにはあまり惹かれないのでそういうものかなあと思っただけでしたが(笑)でも彼のそういう偏執的な嗜好は興味深いなあと。何故かヒッチの話の方が長くなりましたが^^;
Posted by フェイユイ at 2009年11月08日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。