映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月14日

『ニジンスキー』ハーバート・ロス

Nijinsky Movie.jpgnij04.jpgnij07.jpgnij09.jpg
Nijinsky

昔からバレエというものに憧れの目を向けてきてそのくせあまり知識もない私である。
ニジンスキーという名前は多分山岸凉子『アラベスク』で知っただろうか。この映画を観た時は写真でしか見ることのできないニジンスキーの素晴らしさを少しでも知ることができたような感動があった。
彼と彼の保護者で才能の理解者であったディアギレフとの関係や伝説として聞くことしかできない彼の並はずれたバレエを観ることができたような気がした。無論本当のニジンスキーの跳躍を再現することは不可能だろうし、物語の真実というのは判るはずもないが、そう言ったことを抜きにしてとても優れた作品だと思う。
当時は監督がアメリカ人だというのが奇妙に思えたのだが、ロス監督自信ダンサーで振付家で他にも多くのダンス映画を作っているのだから至極頷けることである。
とはいえ当時、アメリカ人映画監督の作品でここまで主人公とその庇護者が同性愛関係にあることをはっきりと描いているのはまだ珍しかったのではないだろうか。そこら辺は昔の外国人だからというエクスキューズがつくのだろう。

ディアギレフを演じたのはアラン・ベイツで、無論私が知るわけもないがまさにディアギレフという人はこういう人だったのではないかなあ、と思わせてくれる。多分実物よりハンサムになっているのではないかとも思えるし、はっきり言って嫌な感じの男なのだが、ハンサムさでほっさせてくれるかも。
驚きだったのはニジンスキーである。一体彼を演じきれる人がいるんだろうか、イメージ的にかけ離れていては嫌だと思ったものだが、昔観た時も今もとても可愛らしくて魅力的なダンサーを選んでくれたものだと感心してしまう。
確かに写真で見ることのできるあの超人的な太腿の太さではないし、全体的にほっそりとしている男性ではあるが、小柄でまっすぐな黒髪であまり彫りの深すぎないやや東洋人ぽいワスラフを感じさせてくれる(私としてはニジンスキー本人の体つきが凄く好きなのだが)次第に心が離れていくディアギレフを一途に思う表情が痛々しい。昔観た時はそうまで思わなかったのに捨てられて狂気の世界に入っていく彼が酷く悲しかった。彼の場合、捨てられなくてもいつかはそうなる運命だったのかもしれないが。
ニジンスキーの伝説の跳躍を観ることは叶わないが幾つかの写真で彼の放つオーラを感じとることはできる。
全体にずんぐりとした体つきで顔も繊細な面立ちでもないのだが(都会的というより確かにロシアの大地を耕す農民なのであろう)酷く愛くるしい笑顔に惹かれてしまう。本当に純粋な薔薇の精のような存在だったのではないかと思ってしまうのである。
映画でのジョルジュ・デ・ラ・ペーニャはそんなニジンスキーを魅惑的に再現してくれているのではないだろうか。
ディアギレフとの場面でもそうだがやはり舞台に立つニジンスキーの演じるものに憑依されたかのような踊り。
薔薇の精の愛らしさ、牧神のあの眼差しはエロチックでゾクゾクしてくる。舞台では観ることはできない映画ならではの視線で彼の魔性を映しだしていく場面は恐ろしいほどの緊張感がある。
ニジンスキーがのめりこみ過ぎて狂気を垣間見せる『春の祭典』の震える踊りの凄まじさ。
逆に愛らしいテニスをバレエにした『遊戯』にも見惚れてしまう。
そして『ペトリューシュカ』の踊りはまるで彼自身とディアギレフを表現しているようでおどけた悲しさが込められているではないか。

他で知った彼らの物語とは違う部分も多々あるが、ニジンスキーの素晴らしさを想像させてくれる素晴らしい映画だと思う。

惜しむらくは今この映画を観る方法が殆どないのではないかということだ。
有名な映画監督作品であるし、題材も有名なのにどうしてDVD化されないのだろうか。
変な映画は溢れているのに優れた映画が埋もれ過ぎている。
(と嘆くことの何と多いことか。いい映画をどんどん観れる時代はいつ来るんだろうか)

監督:ハーバート・ロス 出演:アラン・ベイツ ジョルジュ・デ・ラ・ペーニャ  ジェレミー・アイアンズ 
1979年イギリス


posted by フェイユイ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。