映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2009年11月28日

『吸血鬼』ロマン・ポランスキー

the-fearless-vampire-killers-movie-poster1.jpgFearless%20Vampire%20Killers.jpg
The Fearless Vampire Killers

ポランスキーと言う人は本当に映画を作るのが巧い。これなんかコメディでありホラーであり、という代物なのだけど、その両方の水準が非常に高くてマジでホラーにしてもいいほどの格調の高さと映像の美しさを持っている。独特の味わいを持った優れたコメディなのだがきっちりと吸血鬼伝説を踏んでいてどこか勉強をしながら楽しめるとでもいうような仕上がりになっていて数多くあるバンパイア映画の中でも秀逸の出来栄えなのだ。

だがしかし、ここでもどうしても自分的には満足できないのは女性の描き方なのである。
いかにもお飾り的に登場するサラに私としては魅力を感じることができない。あまりにも馬鹿まるだしで何の意識も意志も持っていない女性なのだが、一体ポランスキーという人はこういうまるで人形みたいな女性が好きで描いているのだろうか。
ホラーには単なる飾り的な美女が登場するのが当然、かもしれないがそれでも僅かな台詞や行動に作り手の意識というものが感じられるはずである。
彼女は習慣が止められないという理由で風呂に入り続け尻を叩かれおっぱいを見せてそして最後昨日と全く同じで吸血鬼になってしまっている。僅かの反抗も意志表明もない女性にエロティシズムはあるのか。やはりこういうすべてに従順な女性が好みだということなのか。
同じようなホラーコメディにウド・キア主演の『処女の生血』があるがあの作品に登場する女性たちとは全く違うようである。無論私は『処女の生血』のほうが断然好きである。

何も言わず何もしない美女、というのが好きな人は多いのだろうか。『ローズマリーの赤ちゃん』同様本作も高く評価する人は多いようだ。いや、私もあの脳みそが半分しか入ってないのかと思えるサラのローズマリーと同じく鳥肌がたつようなボケ顔を除けばまったく楽しいホラーコメディの最高作と言っていいのだが、何と言っても作品の華である美女にときめきを覚えないのなら評価は半減してしまう。
『オリバー・ツイスト』の時にあまりそういう反感がなかったのはあれは男ばかりだったからなのだな。
ポランスキーは女性が好きなんだろうか。嫌いなんだろうか。
彼自身の噂を聞かず本作だけを観たなら激しい女嫌いなんだろう、と考えてしまったに違いないのだが。

逆に教授と助手(ポランスキーご自身)の関係なんかはとても愉快で楽しい。おっかない吸血鬼伯爵に、その息子が美男子で助手にぞっこんになって迫ってくる、なんていうのも抱腹。伯爵家に仕えるコーコルなんかも一途で泣けてくるし男性たちの描き方は凄くいいのになあ。ほんとにこの監督、女性が好きなんですか?
女のほうは宿の女将もなんとなく出てくるだけだし、舞踏会に登場する女性たちもしかり。そしてサラともう一人出てくる若い女性が同じ人物に見えてどっちがどっちかよく判らず混乱したのだった。女性には誰一人感情移入もできないし、血が通っているようにも思えない。

というわけでこの作品も非常に高度な技術で作られているがどうしても嫌悪感を抱いてしまう、という同じ感想になってしまった。
技術の高さは本当にずば抜けたものだと思うんだけど。

ポランスキー、忘れていたけど『水の中のナイフ』も観てたんだった。でも何も覚えていない。
そして『戦場のピアニスト』も確かTVでちょっと観たんだが、ある場面で物凄い反感を覚えてしまったのだが、これも記憶がないのできちんとした評価はできないでいる。(しかしこれはもう観直すことはないと思う。そのくらい強い反発だったので)

しかしそれでも彼の作品はもう少し観て行こうと思う。

監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジャック・マッゴーラン フィオナ・ルイス ロマン・ポランスキー シャロン・テート アルフィー・バス ファーディ・メイン
1966年アメリカ


ラベル:コメディ ホラー
posted by フェイユイ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。