映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年01月31日

『細雪』市川崑

5155T53DQAL.jpg

昨日の『青いパパイヤの香り』に引き続いて今夜のこの作品。どちらもその国の美しさを堪能できる情景描写とそこに生きる女性達を映しだした素晴らしい映画であった。

本作は純粋な日本の風景のようでいてやはりそこは谷崎潤一郎文学である、倒錯したエロスがほんのりと漂うのだ。
観ていると次女幸子の夫(石坂浩二)が羨ましくなってしまうのだが(男を羨ましがってどうする)美しい妻を持ちながら彼女の3人の美しい姉妹にかしずくように行動する男は作者谷崎その人そのものもしくはこうなりたいという願望のように思える。
長女の夫もまた妻を熱愛している様子で、4人の姉妹に敬慕の念を抱きまるで仕えるかのような二人の男の言動は他の日本の文学では見つけ難いものではないだろうか。
エロス、と言っても次女の夫の義妹への思慕は彼の言うとおり妹に対する気持ちであり禁欲的なものなのだろうが禁欲的だからこそより倒錯したエロチシズムが彼の胸の内に潜んでいるのである。

市川崑監督の演出には心酔してしまうしかない。冒頭の桜から最後の川面に落ちる細雪の景色、4人姉妹の細やかな描写にも神経が行き届いている。
そして配役の妙がある。4姉妹の布陣もこれ以上のものを望めない気がする。しゃきしゃきしてるが女らしい長女の岸恵子、何とも言えない甘さを持つ次女の佐久間良子、二人が何かとケンカをしながら互いに支え合っている様子が伺える。何を考えているのかよく判らない三女に吉永小百合、次女の夫が心惹かれるのが彼女なのだが無口でしとやかながら自分の意思を曲げない頑固さを持っており、度々の結婚話にも首を縦に振らず粘りに粘って意中の男性と結ばれることになる。心が読みとれないのでやや不気味に思えるのだが谷崎はこういう女性に惹かれたのだろうか。(追記:一日経って思うとやはりこの映画は雪子を描きたかったのだ。家のしがらみなどに追い詰めながらも自分が愛すると思える男性と会えるまで、まさに粘りぬいた。姉二人が感心するに価する雪子の生き方である。谷崎と思しき次女の夫が愛するにも相応しいしとやかでありながら強い日本の女性の姿なのだ。吉永小百合に演じさせたのも素晴らしい配役だった)
そしてその三女の意にかなった男性、華族の御曹司になんと元阪神タイガースの江本孟紀を当てたというのが驚きだった。台詞も殆どないに等しいので無理ではないしひと際高い身長と独特の二枚目な顔立ちが確かに御曹司として合ってなくもない。
長女の夫には亡き伊丹十三氏でこれも文句なしであった。

映像美以外に台詞の美しさも印象的なのだが、身内に話す時の柔らかさと違って使用人達にはかなり厳しい言葉づかいなのだと驚いた。

日本映画にしては稀有なほどの裕福な人々の優雅な生活風景なのであるが時代はこの後すぐ第二次世界大戦へと突入していくのだ。
この穏やかに美しい情景はこのままの形ではもうあり得ないのである。
ここに写し撮られた美は、姉妹がそろって見た桜の景色を見ることは叶わず、そして水面に溶ける細雪のように儚いものなのだろう。

監督:市川崑 出演:岸恵子 佐久間良子 吉永小百合 古手川祐子 石坂浩二 伊丹十三 岸部一徳 桂小米朝 細川俊之 小坂一也 横山道代
1983年日本


ラベル:倒錯 女性 時代
posted by フェイユイ at 00:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久し振りです。最近パソを離れてしまい(家庭内で娘が荒れてて大変〜て、大したモノではないのですが・・難しい年頃でして)コロンボにコメントしたかったのですがいまいち気持ちがのらず・・。
でも奇遇!〜今日横断歩道を渡っている時(笑) この『細雪』テーマ曲クラシックが頭の中に突然流れ,“あぁいい映画だったよな〜”何ていろいろな場面を思い出していたのですよ!!^^
私はこの映画は正に“吉永小百合の映画”なのだと思いました!岸も古手川もましてや出番の多い佐久間でさえ脇役・・最後にさらって行きました〜オミゴト☆て感じです。
映像も美しいしお着物も音楽も美しい映画。やっぱり感動どころは、ずっと色んな無粋な(雪子からしたら気に入らない)お見合いを続けて、あの時代だと適当に手を打ちそうなものなのに30をとうに過ぎてのあの頑張り。スゴイ根性ですよね。だから、最後雪子が子爵を見て“初めて”微笑むところ、感動して涙が出ちゃうのです。
ゆっくり安心して、日本の美に浸りたい時にいい映画ですよね。関西だからまた物珍しい世界です。
Posted by フラン at 2010年01月31日 20:41
娘さんのこと、心配ですね・・・。私も勿論2人の子がいますので判ります。自分も何かしら心配事はある、といってもこんな風に映画を観てブログ記事を書ける、なんていうのはやはり幸せなんですよね。もしホントに大変だったら書いてる場合じゃない!ですから。

コロンボはまた、心が落ち着いた時にでもコメください。

『細雪』本当に吉永小百合の雪子の粘り勝ち。素晴らしかったですねえ。記事の中でそんな風に書いてないけど、今夜『テス』を観たので彼女の粘りがどんなに凄いことか改めて感じました(笑)
テスもこのくらい粘ってたらねえ。

記事に書き損ねてること多くて、帯がキュッと鳴るのがおかしくて笑う場面だとか姉妹と夫達がしつこくケンカする場面だとかが面白いです。

谷崎原作の作品ってよいですねえ。言葉も。
Posted by フェイユイ at 2010年02月01日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

細雪
Excerpt: 監督 市川崑 出演 岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子、石坂浩二、伊丹十三  谷崎の細雪を読んだ。こりゃ映画も観なくては、ということで観た。監督が市川崑である。凝った美しい映像をたっぷり見..
Weblog: とつぜんブログ
Tracked: 2010-02-08 19:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。