映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年02月01日

『蟹工船』SABU

090312kanikosen02.jpg

主人公に松田龍平で一緒に蟹工船で働く一人が新井浩文しかも二人がつるんでいる場面まであるとなったら『青い春』の九條と青木を彷彿とさせてしまうわけでまるでその後の二人か前時代の二人か、などという妄想と共に楽しませていただいた。

とにかく驚かせてくれるのは(といっても判ってはいたんだが)松田龍平の存在感の恐ろしさ。恐ろしさっていうのはどうだかだけど、ほんの少し台詞をいうだけでもなんか他の人たちと全然違うと感じるのはどういうものなんだろう。
本作の彼は今まで観てきた松田龍平とは随分違う言動をする。それは九條の時の彼のキャラクターがどの作品にも投影されているようなところがあって無口でやや退屈気な感じ、という倦怠感がいつもあった。『悪夢探偵』などはその代表かもれない。
今回は『蟹工船』という支配者から虐げられた労働者が自分達の権利を勝ち取るために戦う意志を持とうと呼びかける指導者という役柄なので原作の時代背景もあってか皆の前で大声でアジテーションを行う熱い男を演じている。ぼそぼそと小さな声で口数も少ない印象であったのが意外にも声を張るとよく通って迫力があるのに驚いてしまったのだ。確かに彼がリーダーとなって聴衆を鼓舞すれば一種洗脳されてしまうようなカリスマ性があるのではないだろうか。無口であってくれるのが安心であるかもしれない(変な心配してるが)
はっきり言って作品的には力量や深みが足りなくて観客が思想を変えてしまうほどの陶酔感を持っていないのだが、それを松田龍平が語る時だけはうっかり染まってしまいそうな何かがあるのである。周囲の配役も悪くないだけにもう少し演出の技が欲しかった。
という、これはもう単に本作の作り手がまったく「アカ」でないからなのではないのだろうか。そして今の時代で共産主義を訴えることの意味が昔とは全然違ったものになってしまっている。新しい世界を作る理想的な思想ではなくあちこちで失敗し衰退した思想体制だと判ってしまったからだ。
当時原作者はこの物語で共産主義思想を咎められ拷問を受けしんでしまったのだ。まさか拷問が怖かったんじゃなかろうけど『蟹工船』の中で血を吐くように訴えた労働者の権利、という強い要求が今の人間に足りないのは仕方ない。就職難、不当な首切り、と取りざたされてもやはりかつての人々のような、つまりこの蟹工船で働いていた人々に対する思いのような激しさは欠けてしまっているのだろう。
それはどうしようもないものだろうがそれなのにあえてこの題材を使ったなら本気でそこまで感じさせるか、今らしい違った設定に変えてしまえばよかったのかもしれないが。
とりあえず今風のテイストを取り入れながら原作通りの労働者の権利を要求、という形で制作された。
奇妙な笑いも含まれていて私としては結構楽しむことはできた。
新井浩文も青木じゃないんだけど本当に九條=松田龍平と組んで演じるのが嬉しそうに思えてしまう。久しぶりに顔をゆっくり観れるほどの出演だった。

監督:SABU 出演:松田龍平 西島秀俊 高良健吾 新井浩文 柄本時生 木本武宏 三浦誠己 竹財輝之助 利重剛
2009年日本


ラベル:思想 松田龍平
posted by フェイユイ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。