映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年02月09日

『チェチェン・ウォー』アレクセイ・バラバノフ

war-still1.jpg
VOYNA/WAR

今、すっげえ興奮しててどうしよう、頭混乱してます。
っていうのはまたすげえ映画観てしまって、ってさっきもそんなこと書いたのに何興奮ばっかしてんのかと言われそうだが、どうしようもない。

今度の興奮は映画そのもの、というより主人公イワンを演じたAleksei Chadovアレクセイ・チャドフ。最近こんなに可愛い子観たことないってくらい好きなタイプでどうしよう、どうしよう。
まだ少年のような顔立ちでちょっと小柄な体つきがたまりません。
一体この映画って。
アレクセイ・バラバノフ監督って先日観た『ロシアン・ブラザー』でもセルゲイ・ボドロフという童顔な可愛い青年を主人公にしてドンパチやらせるのが迫力あってかっこいい映画にしていたんだけど、その5年後に作られたこれもめちゃキュートな少年(のわけないよな、こんな映画で)っぽい男子主役で一見物凄く好戦的な作品を作ってしまった。
『ロシアン・ブラザー』の方がまだ社会派的な要素があって認められると思うのだがこちらは徹底的に描写が酷いんで戦争嫌い(戦争好きっていうのもどうか、だが)には叩かれそうな作品になってしまってる。
でもこれはこれで主人公が義理と人情の部分で巻き込まれていって戦争をやってしまったらどんな結果が待ち構えているか、っていうのを結構きっちり描いている硬派な作品に仕上がっている、と私は思う。
思うのだが、今日はそれどころじゃない。
この主人公ってアメリカだったらなんか筋肉むきむきのおっさんが(それはそれでいいが)演じるとこなのだが、バラバノフ監督はまるで可愛い青年にやらせてしまったのである。
はっきり言ってこれはアレクセイのりりしさ、愛らしさを表現したいがためのイメージフィルムではないの。思い切り短くした髪もちょっと傷をつけたまだ愛らしい顔もほどよく細身な体もうわーん、私がゲイの男だったら絶対背後から抱きしめたいほどエロチックで我慢できない。

気の毒なのはチェチェンの兵士たちで(気の毒がっていいのかよくわかんないが)彼の魅力を映しだす為の標的となってしまったのだ。
彼らの捕虜となってしまったアレクセイ=イワンとイギリス人の男女と他数名はチェチェン側に身代金200万ポンドという大金を要求されてしまう。
イギリス人ジョンは恋人のマーガレットを人質として取られ単身イギリスへ戻るが金は全財産をかき集めても40万ポンドにしかならずTV局から一部始終をカメラに収めることで20万ポンドを約束された。
ジョンは仕方なく集めた金を持って共に保釈されたロシア人イワンを訊ねる。イワンは途方に暮れたジョンの手助けをすることに決めた。

数年軍隊にいたとはいえ若いイワンの捕虜救出の為の戦いぶりは凄まじく前作『ロシアンブラザー』での主人公のクールな戦いっぷりがここではさらに本格的な戦闘として描かれる。
イワンの攻撃はただジョンの恋人マーガレットを救うことが目的なのでチェチェン人への殺戮はある意味常軌を逸しているのだが無論そこで生ぬるい正義を持ちだしていれば自分達が殺される敵地なのである。
とはいえ、そういう状況を作り出して凄惨な殺戮場面を作り上げるこの作品に反感を持たれてしまうのも否めない。
ただイワンが正義の味方で敵の命は奪わない、という描き方をしていないのはむしろ正当でこの後彼が殺人者として裁判にかけられる、という最後も頷ける結果となっている。

が、しかし私の興味はひたすらイワン=アレクセイの魅力なんで、しつこいが、この映画が彼のプロモーション映像だと信じてしまうのである。
きびきびとした動きのなんと美しいことか。なんて危険な表現なんだけど。
斜め上から見た時の鼻のラインが愛しくてたまらん。
この興奮って『マッドマックス』でメル・ギブソンを初めて観た時に似てるかもしれない。そういえば缶詰を食べるシーンが似てる(馬鹿)
ああ、ロシア人ってお目にかかれそうにないなあ。
これの時からもう時間経ってるし、変わっちゃったかな。煙草を吸うのがこんなかっこいいって久しぶりに思った。

ところでイワンが物語を語っていく、というこういう構成も好きだ。それにこれでイワンが死んでない、ってのがわかる。逆にそれがスリリングじゃない、って言う人もいるかもしれないが、この作品に限ってはイワンを最後まで観たかったからね。
どこか暗い雰囲気もまたいい。私の書き方で随分酷い映画みたいになったかもしれないが、戦争や捕虜になることの恐ろしさ、自分で戦わねばならない責任感や社会がどう対処するのかを描いた作品なのである。
タイトルや写真が内容を反映しておらず残念だ。

監督:アレクセイ・バラバノフ 出演: アレクセイ・チャドフ イアン ケリー ユークリッド インゲボルガ・ダクネイト セルゲイボドロフジュニア インゲボルガ・タブクナイテ
2002年ロシア


posted by フェイユイ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アレクセイ・チャドフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。