映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年02月21日

『ハウル』アレン・ギンズバーグをジェームズ・フランコが演じてたのだね

A0002455_photo11.jpg

なんだかちっともチェックしてなかった第60回ベルリン映画祭。寺島しのぶさんが女優賞を取られてめでたい!などと喜んだりした後でコンペ部門の作品名を今頃見る始末。
うひゃあ、となったのは遅すぎて恥ずかしいのだが『ハウル』!
なんとアレン・ギンズバーグの物語なのではないか。しくしく。今頃気づくなんて。
しかも監督はロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン。ギンズバーグを演じているのがジェームズ・フランコではないか。とほほ。馬鹿馬鹿。今頃知るなんて。
まあ早く知ってもどうせ観れないけど。
と開き直ってる場合ではなくこれはもう気になるではないか。
ベン・ウィショーの『Kill Your Darlings』の行方がどうなるか不明な今、ギンズバーグを映像化している方々がいらっしゃったのねー。
しかも監督がロバート・エプスタイン、ジェフリー・フリードマン。主演がジェームズ・フランコ!しつこい・・・。
ああ〜。これはもう観れるのね。いや日本に来るかどうかは判らないわけだが。DVDでいいので早く見せてくれー。

しかしギンズバーグがジェームズ・フランコ?あの…全然似てない・・・んですけど。いいのか?いいのかな?いいか。
ルシアン・カーは登場するのかなあ。

ジェームズがアレンが好きなのは嬉しいね。


ラベル:同性愛 芸術家
posted by フェイユイ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。