映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年03月20日

『ニュースメーカーズ』アンダシュ・バンケ

Goryachie%20novosti%20Newsmakers.jpg
Горячие новости

先日の『ソードハンド』もそうだけど今迄に観たことのあるような設定でもちょいと違った味付けになるのがロシア映画の面白いとこだけど、こういうインチキのTV報道をする、という話はいまいち乗り気になれないのは自分がどこかTV嫌いなせいだろうか。
ロシアが舞台で政府やら軍部によって報道規制もしくは虚構の報道がなされる、というのはイメージ通りで意外性がない、っていうのが残念かもしれない。元々そういうことをしてるんでは?と思われているのではないだろうか。
というのはこれ実は香港映画『ブレイキング・ニュース』のリメイクなのだね。香港での設定ならまだ判るがロシアでこれをやるといつもそういうことをやってそうだと思ってしまうのが損してる。
警察官がテロリストに銃撃されて泣いてしまい威厳が地に落ちたことに慌て名誉回復の為にテロリストを一網打尽にする活躍をTV中継する、という企画を女性大尉が立てそれに乗っかったくせに失敗した彼女を罵倒する、などとにかく情けない警察である。最初からこんな企画を許可することがおかしいのだ。香港映画と比較してみると面白いかもしれないがちょっとまたこれ観る気はしないなあ。

コメディなら判るが(コメディなのかなもしかして)至ってシリアスな展開である。時々笑いもはいるんだけど。とにかく銃撃戦が多いのもかなり神経摩耗してしまう。
嬉しいのはテロリストの方と警官の方とそれぞれなかなかかっこいい男が配置されていて、それはちょっとよかったな。

おかしかったのは何故か「日本」が数回登場してきて、警察の上役が「日本の警察はもっと優秀だ」と言いだしたり(どうして?)派遣された軍隊の兵士達に振舞われた昼食が「スシ」で「このまぐろはいける」なんてタイムリーな話題が出て来たことだ。

最後はやっぱりどんよりした空気になるのがロシア映画らしい。

監督:アンダシュ・バンケ 出演:エフゲニー・ツィガノフ アンドレイ・メルズリキン マリヤ・マシュコーヴァ マクシム・コノヴァロフ セルゲイ・ガルマッシュ
2009年ロシア/スウェーデン


ラベル:警察 犯罪
posted by フェイユイ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ニュースメーカーズ
Excerpt: 監督:アンダシュ・バンケ主演:アンドレイ・メルズリキンエフゲニー・ツィガノフ    マリヤ・マシュコーヴァ    エフゲニー・ツィガノフ    〜あらすじ〜「エグザイル/絆」で注目を浴びた香港の鬼才ジ..
Weblog: 映画大好き BLOG
Tracked: 2010-06-01 22:29
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。