映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年04月24日

今、珍しく観てる日本ドラマは『ゲゲゲの女房』

f0138055_15114675.jpg
これも面白い!

最近珍しく観ているTVドラマがある。NHKの『ゲゲゲの女房』私は夜7時半BS2で観てるのだが。

先に本も読んでしまったのだが、無論それは水木しげる先生と『ゲゲゲの鬼太郎』が好きだからである。
奥様が書いた本ってどんなものかと思ってたのだけど本当に日本女性らしい奥ゆかしい文章で感銘を受けてしまった。ご本人も言われている通り古いタイプ、なのだろうけど素晴らしい女性なのだ。
ドラマが進行中でそれを楽しみに観られている方もあるだろうからあまり書いてしまうわけにもいかないけど最近ないほど日本ドラマで充実してると感じてる。物語自体は戦後であるしごく平凡な生活のドラマなのでどうなるかどうなるか、というのではないのだが製作に力が入っているんだろう。出演陣の顔ぶれも凄い。なんといってもしげるパパ役の風間杜夫さんがまるで水木しげるさんに似てると感じるほどの役作り。お母さんである竹下景子さんも可愛くも素晴らしい。ヒロインの父役大杉漣さんが泣けるしヒロインママの古手川祐子さんもよい。脇役ががっちり固められているので何の不安もない。
といってもヒロインの松下奈緒もしげるさんの向井理も文句なしなのである。
今なら羨ましい長身も昔は大女と言われてしまうのである。戦後の大貧乏もおかしいし今夜は布美枝が初めて東京のしげるさんの家を見てあまりのボロさにあっけにとられる、という申し訳ないが爆笑だった。
とにかく毎回大笑いさせていただいてかさねがさね申し訳ないのだがホントにおかしい。結婚式の時スーツ姿に白足袋をはかせられた、というのは腹筋が泣いた。
今日はまた布美枝がしげるさんお原稿を初めて見る日でもあったのだが、さすがにあの絵を初めて見たらうぎゃあだよねえ。可哀そうでおかしい。
こんなに面白くて笑えて泣けるのだが初回視聴率は最悪だったらしい。
これを観なくて何を観る?
きっと後で「観とけばよかったあ」ってなるに違いない。後悔しないよう次回から観よう。
別に関係者ではないよ(笑)
ただ水木しげるさんの、というか鬼太郎さんのファンだというだけで。
始めや終わりに出てくる妖怪たちや目玉の親父さまが可愛いのだ。


ラベル:ドラマ
posted by フェイユイ at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。