映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月02日

『ホロコースト-アドルフ・ヒトラーの洗礼-』コスタ・ガブラス

img_137286_59967526_0.jpgamen2.jpgamen.jpg
AMEN. 

なんという大人の映画なんだろうか。先日観た『ミッシング』もその手法の巧さと共に訴えてくる情愛に打たれたが、本作にもまた優れた技法と感情が込められている。
ナチスの非道とユダヤ人の悲劇を描いた映画は数多いがややもすればその描き方に好奇心が現れている場合もある。それはスティーブン・キングが『ゴールデンボーイ』で表現したような恐ろしい情景を観たいという欲望にもなる。本作はその類の趣味嗜好を持つ者をがっかりさせてしまうだろう。なにしろここにはそうしたナチの残虐行為、憐れにやせ衰えた人々が苦しみのたうつ姿や様子がまったく描かれないのだから。
そして機関車はその扉を閉めて走り、帰りは開け放して走る。閉められた扉の中に誰がいるのかは判るはずだ。そして彼らがどこへ運ばれ、どういう運命が待っているのかも。
こうした表現の上で彼らの為に何かをしようと行動をとった二人の男。一人はナチス親衛隊の中尉。もう一人はカソリックの若き神父。二人ともユダヤ人は敵対する存在でありながら同じ人間としてユダヤ人の不幸を見過ごせず権力と戦おうとする。
SSであるゲルトシュタインはヒトラーとナチスが非アーリア人や障害者を収容してはガス室に送り込み殺戮しているのに気付き、この行為を世界に知らせようと奔走する。あえて親衛隊に残り自国の残虐行為を証言しようと考えたのだ。
カソリックの総本山ローマ教皇の側近の父を持ち自らも信頼を受けている若い神父リカルドはゲルトシュタインが親衛隊でありながらユダヤ人を救おうとしている姿に触発されまた自分が傍観者であったことに罪の意識を抱いて我が身にユダヤ人の印をつけ輸送機関車に乗り込むのである。
彼らの必死の抗議がすぐ理解されることは叶わなかった。ゲルトシュタインが家族と別れ命がけで書いた報告書は20年後に認められたという。
自分たちが属するものを裏切ることになっても、目の前にいる人々が殺されていくのを見過ごせなかった二人。その結末がどちらの人生においても無情なものだったことが悲しい。ただこのような人たちの行動が時を経て認められたこと、こういう素晴らしい映画として観ることができ多くの人に感動を与えたことが彼らの魂を少しでも癒せたらと思うのだが。

ゲルトシュタインの友人を装って狡猾に生きのび南米へ逃れる将校こそが昨日観たメンゲレ医師であったのか。

監督:コスタ・ガブラス 出演:マチュー・カソヴィッツ ウルリッヒ・トゥクール マーセル・ユーレス ウルリッヒ・ミューエ ミシェル・デュショーソワ ハンス・ジシュラー
2002年 / フランス/ドイツ/ルーマニア/アメリカ



ラベル:信仰 愛情 歴史 戦争
posted by フェイユイ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。