映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月08日

『シルクロード 第一部 絲綢之路』第一集「遥かなり長安」

何だかNHKづいてるようだが、またもNHKの昔の番組『シルクロード 絲綢之路』第1集「遙かなり長安(1980年4月7日)」を観た。
問題も色々とある番組みたいなのだが、ここではその内容についてのみの感想である。
私としては昨日までシベリアをうろうろしてたので少し南下したのであった。

NHKのドキュメンタリー番組と言えばまずこの名前が挙がってくるだろうと思うし、自分も観ていたことは確かだが、やはりこれもすんなり頭に入っているわけもない。

デジタルリマスター版となっているがそうなのかな、と思うほど映像の肌理が荒く思えるしシンプルと言うべきか非常に単純な作りに見える。
喜多郎(またまた。鬼太郎ではない^^;)の音楽と石坂浩二さんのナレーションがなかったらかなりとっつきにくかったんではなかろうか。
しかし1980年に製作されたということですでに30年の月日が経っている。映像の中の酷く昔のように見える中国と人々の様子。服装は殆どあの味気ない(というか今観れば不思議な味わいの)人民服である。
兵馬俑が発見されて数年後まだまだ恐ろしい数の兵馬さんが発掘途中でNHKスタッフが現地の人に2000年になってまたおいで、と言われていたりする。現在はそれをまた通り越してしまってるわけで。
一旦観始めると面白くなってしまう。
これは昔観ててもさっぱり判っちゃいなかったはずだ。
それにしても兵馬俑はじめ様々な絵画・工芸に見入ってしまう。兵馬の技術・デザインには目を見張る。西から伝わってきたキリスト教の絵画のキリストはすっかり東洋人みたいだ。それはインドからきた釈迦の顔もまたしかりだけど。

シルクロード・絹の道は長安に始まり長安に終わる。かつて絹の価値はその重さの金と同じであったという。
今のウイグル自治区であるホータンにはその当時絹が生産できなかった。が、蚕の繭は輸出が禁じられていた。そこでホータンの王は中国から花嫁を迎える際に蚕の繭を隠し持ってきてくれと頼み花嫁はその冠に繭を隠して嫁いだという。なんともスリリングな話ではないか。
1500年前のトルファンで作られた絹の造花が乾燥のおかげでまるで今作られたかのような形で残っているのにも驚きだ。

今回はこの長安での物語。距離だけでなく時間もまた遠くなった。
30年の月日は今回もまたこれから観る景色も人もどのように変えてしまったんだろうか。
ちょぼちょぼと折を見つけて観てみようかと思う。


posted by フェイユイ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。