映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月14日

『ザ・グラディエーターII ローマ帝国への逆襲』ティムール・ベクマンベトフ

D110481767.jpg
THE ARENA

邦題が『ザ・グラディエーターII』なので昨日観たアレの続編みたいだけど原題は『THE ARENA』で無論続編ではない。というかDVDとしては『ザ・グラディエーター 復讐のコロシアム』という映画のシリーズUになってるのだが、それの続編でもないようだ。

とにかくなんのことやら判らないが2000年当時やたら剣闘士物が作られていたのか、いつも作られているのか。
本作はあのB級映画と言われる低予算映画のプロデューサーで有名なロジャー・コーマンプロデュースによるティムール・ベクマンベトフ監督のオリジナルビデオ作品となっているのでベクマンベトフ監督のデビュー作ではないのだな。昨日のやたらと金だけは湯水のように使ったであろう『グラディエーター』と比べれば一目観て手作り感溢れる低予算映画だと感じられる。何しろ、舞台がローマではない。しくしく。なんとドサ回りの地方巡業であった。しくしくしく。永遠に続くほどの北方へ移動したというから監督の故郷ロシアまで行ったんであろう。大都市ローマから遥か北の国の田舎での統治をまかされた総督がその地でローマを彷彿とさせるコロシアムを建立させ、ローマから剣闘士を運ばせて俄か仕立ての剣闘を楽しもうと試みるのだ。
なんとも地味で世知辛い設定ではないか。でも私としては昨日の資本主義だけが目立つ教科書的作品より本作の方が面白く観れてしまった。
取り敢えず、本作の目玉は絶大な人気であったらしいプレイメイトのカレン・マクドゥーガルとリサ・ダーガンのダイナマイトボディだったのだろうし、それが楽しめる設定・筋書きになってはいる。
だが、昨日の結局は勝者であるローマ軍の将軍の物語より、ローマ軍に襲われ捕えられて奴隷となった異民族の女性が勇気と知恵を持って反逆を起こすという本作により共感を持って観てしまうのである。

奴隷となった彼らはローマ人にとってはただの見世物で動物にすぎない。男も女もその特性でローマ人に仕え彼らの欲望を満たす為には誇りも命も捨てなければないらないのだ。
ヒロイン・ボディシアは剣闘士の若者に恋をするが彼はあっという間にその若い命を奪われてしまう。そしてボディシアはローマ人の慰みものになる(この辺が取り敢えず見せ場)
勝利者であるローマ人の権力と奴隷である彼らの惨めさがより伝わってくる。が、ローマ人はますます増長し奢りを極める。剣闘士が足りなくなり女性たちを剣闘士として戦わせる。流血が禁じられた祝日に試合を行い、妊娠した女性を殺させてしまう。ボディシアは仲良くなったジェスミナと戦うことになるが二人は力を合わせ総督を倒し自由を勝ち取るのだった。
ジェスミナとボディシアの美貌が際立っているし剣闘の場面もなかなか迫力あった。ボディシアが好きになる剣闘士君の体も凄かったけど。

ベクマンべトフ監督としては彼女たちの魅力を大いに映さねばならなかったろうし、予算的にも厳しかったのだろうけど、こうして観ると後で製作された『ウォンテッド』や『ナイトウォッチ』『デイ・ウォッチ』などで表現されるものと似通っている部分がちらほら観えるようだ。

監督:ティムール・ベクマンベトフ  出演:カレン・マクドゥーガル リサ・ダーガン ヴィクトル・ヴェルズビツキー アナトリー・マンベトフ
2001年 / アメリカ/ロシア


ラベル:歴史
posted by フェイユイ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。