映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月21日

『オックスフォード連続殺人』アレックス・デ・ラ・イグレシア

oxford_murders_ver21.jpgthe-oxford-murders.jpg
The Oxford Murders

時折、こういう衒学めいたミステリーというのが登場する。ペダンチック、と言う奴である。一般人には何のことやら全く理解不能な定理やら理論やらを展開して文字通りひけらかし、観る者(読む者)を惑わしていく。殺人ミステリーにおいて起こった事件と答えだけを言ってしまえばあっという間に終わってしまう。それじゃ面白くないので作者は事件を隠したりミスリードしたりで犯罪を面白くしていく。その手段がどんどん変な方向へ走っていくとまるで事件と関係ないような、しかし物語に重みを与えんが為に無闇な学説などが飛び交うことになってしまう。
この物語も簡単に話を運べばそれほど驚く筋書きでもないのだが、舞台がイギリス・オックスフォードで老獪な学者と彼に憧れて留学してきたという頭脳明晰な若者が奇妙な理論を振り回すのが楽しいのである。
なのでそういう装飾が嫌いでそのままずばりを見極めてしまう向きにはやや物足りない話かもしれない。
自分としては話を複雑にする為の空論がややしゃらくさい気もするのだが、何しろ昨日観た『マトリックス』と言う言葉も出て来たし(字幕では出なかったけど)ジョン・ハートの老学者とイライジャ・ウッドそして不気味なロシア人(?)も登場してなかなか面白かった。しかし昨日からやたら数字が並び理屈っぽい話ばかり聞いてる。どちらも人を迷路に閉じ込める為の幻惑なのだが、そういうの嫌いじゃない。

監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア  出演:イライジャ・ウッド ジョン・ハート レオノール ワトリング ジム・カーター アレックス・コックス ドミニク・ピノン アンナ・マッセイ ジム・カーター ジュリー・コックス
2008年 / イギリス/スペイン/フランス


ラベル:ミステリー
posted by フェイユイ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。