映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月27日

ゲイ映画の名作が次々と発売されるのはいいけれど

o0187028010453341588.jpg

いつも通りチェックが遅い私、今発見。
『アナザー・カントリー』『モーリス』『蜘蛛女のキス』などゲイ映画の名作が次々ニューマスターやスペシャル・エディションで発売されるのだね。
『アナカン』はまだしも『モーリス』は物凄くレンタル枚数が少なくて借りられないし、『蜘蛛女』はなくて観れなかったので楽しみなのだけど結局レンタルはされないのかもなあ。(今購入する余裕全くなしなのだ)
『尼僧ヨアンナ』も『まぼろしの市街戦』も発売されたのにどっちにしろ観れない(泣)(あ、これはゲイ映画じゃないです)
こういういいのを見せてくれよ。貧乏が悪い?


ラベル:同性愛
posted by フェイユイ at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
ウチは田舎なので『アナザー・カントリー』や『モーリス』『蜘蛛女のキス』は枚数が少ないどころかレンタル屋にないのですよ。
新しく発売されてもきっと無いのだろうなぁ。
B級通りこしてC級?ってDVDはバンバンあるのに何故?
『モーリス』『アナカン』はスカパーやWOWOWで時々放送されるので、それで観てます。
私も購入する余裕がないのです(苦笑)
Posted by kiko at 2010年05月28日 23:30
おひさしぶりです〜!

観たくもない奴はどっさり置いてあるのに観たいものは置かれていない。理不尽な(笑)

私は地元ショップでなくネットレンタルなのですが、つまり全国区なわけですが、ないです!!(地元ショップにもないですが^^;)

観たい人は結構いるはず!ちゃんと入荷して欲しいものですね!!
Posted by フェイユイ at 2010年05月29日 00:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。