映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2010年05月27日

『鈍獣』細野ひで晃

72a1f319.jpgf0064801_2292264.jpg

浅野忠信って人はいつも風変わりな映画に出る人ではあるのだが(そしてそこが好き)あまりに変てこな役のようなのを見て気になっていた。
やっと観れたのだが、これは浅野っていうだけじゃなく凄く面白くて最近ないほどのめり込んで観てしまったよ。

めちゃめちゃはちゃめちゃな映画みたいで非常に計算され尽くされた感じが心地よい。ド田舎にこんなホストクラブがあるんだろうか。きっとどこかにはあるんだろうなあ、的なド派手なホストクラブしかも4Fだし?田舎ってあんまり高くないよね、建物って。でも浅野忠信こと凸やんが登場する為にはこの4Fが必要なのだ。

まあ私てきには浅野氏演じる凸やんが可愛くてしょうがないんだけど。一体どうしてこんなに強いんだろうか?
そして何故彼はここへ来たんだろうか。
東京の雑誌出版社から行方不明の小説家凸川を探しにやってきた女性編集者は彼の故郷で彼の幼友達と会い彼の消息を掴もうとするのだが。
そこにいた連中も彼らの話の中の凸やんもとんでもなくシュールで「普通の人」である女性編集者は話を聞くほど迷路の奥に入り込んでしまう。
田舎ってシュールなんだよね。本当に覗きこめばこの作品よりもっとシュールだと思う。奥深いところへ行けば行くほど理性で理解できない世界にはまり込んでしまうのよ。
でもそんな彼らが怖気づくほどもっと違う世界にいるのが凸やんで。
ほんとは酷く恐ろしい話であるのに凸やんが強いおかげでおかしくてたまらない話になった。
最後には無理矢理深い友情によって結ばれてしまう。
変な話なんだけど絶対忘れられない話になりそう。

キャスティングがまた滅茶苦茶よい。
浅野=凸やんを小学生時代苛め続けた悪い奴でホストになった男を北村一輝、その腰ぎんちゃく的存在のおまわりさんをユースケサンタマリア、どちらもどんぴしゃだ。唯一のホストの愛人(16歳の時から愛人だって)に南野陽子、東京から来る編集者に真木よう子、綺麗だった。
そして一番ねじが外れてるかもしんない女の子ノラに佐津川愛美、可愛かった。
そして時折やってくるジェロ。凄く可愛いんだけど北村さんにガンガン怒られて追い出されて可哀そうであった。
相撲が大好きな田舎なので大乃国が登場。冒頭の事故場面から何度も出てくる。さすが存在感あり。

これっていやホントに凄い面白い。こういうとんでもないの見せられるとやはり監督の次回が気になるなあ。どういう方向から来るんだろう。

監督:細野ひで晃 出演:浅野忠信 北村一輝 真木よう子 佐津川愛美 ユースケ・サンタマリア
2009年 / 日本


posted by フェイユイ at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
映画も面白そうですね。
実は元ネタの舞台『鈍獣』を観ているので少し気になってた映画なんですけど、どうしても舞台の印象が強烈で・・・

脚本 宮藤官九郎 演出 河原雅彦
でねずみ三銃士の旗揚げ公演でもあった舞台だったので。
ちなみにねずみ三銃士は古田新太さん、生瀬勝久さん、池田成志くんからなるユニットです。
どうみても酒飲んでて「何か面白いことしよーよ」って盛り上がって出来たユニットにしか思えない(笑)

舞台のイメージが強く残ってて敬遠していたのですが今度レンタルして観てみます。
Posted by kiko at 2010年05月28日 23:41
舞台をご覧になったのですね!いいなあ。

レビューを観てたら舞台を観た方も面白いと書いてあったような。この世界が好きかどうか、っていうのが別れ目みたいですが^^;

Posted by フェイユイ at 2010年05月29日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。