映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年09月20日

今夜も「王の男」

cap171.bmp

話す順番が逆なのですが、韓国版「王の男」を購入してましてこれが物凄い豪華版!箱も凄くきれいですし、DVDが3枚とCDが1枚入っていてポストカード数枚と冊子も入っています。値段はなかなかのものですが。
DVDも一枚一枚綺麗で感心しますねー。さすが王という感じ。映画の中の人形の販売もされてるみたいでこれも欲しくなりますよね。

今日は特典映像を観ました。なにせ韓国語が判らないので端折って観たのですがかなりのボリュームで見ごたえたっぷりですね。

今日のもネタバレなのでよろしく。



字もわからないので自分が何を見ようとしてるのかがわからないのですが(笑)とりあえず観てるとコンギルと王の熱いキスシーンの撮影現場が。
王がコンギルに狂おしいキスをした後「カット」の声。一瞬間をおいて王が唇を離してにやり。笑い声が起きます。王のチョン・ジニョンは意味深に笑いながら立ち上がりますが、コンギル=イ・ジュンギは王のキスにうっとり(ぐったり?)したのかしばらく横たわったままで何とか起き上がる様子がまた可愛らしかったですねー。ファンならこれは観たい場面ですね(笑)
その後のスタッフの「フレンチキス、フレンチキス」という言葉がおかしかった。昔よく言ってたけど日本では最近あまりフレンチキスって言わない気がしますがどうですか?
映画はどれもそうだとは思いますが、スタッフ・関係者の熱い気持ちが伝わってくる映像の数々でした。
大道芸の練習風景なんかもよかった。
撮影の合間にカム・ウソンが恋敵の王の肩をマッサージしてるのがおかしい。まあ、王様だからいいか。

どなたか判らなくて申し訳ないが学者さんみたいな方が出てきて王について熱心にお話されていたみたいなのだが後ろの本棚にかなり日本の本が置いてあって気になった。

今頃言うのもナンだが、コンギルとチャンセンがつけるお面は可愛いですね。特に女性のはなんともコケティッシュな表情で惹かれます。これは韓国では普通の男女の面なのでしょうか?日本のひょっとことおたふくみたいなもんでしょうかね?ちょっと比較すると日本のかっこ悪いですが(ごめーん、ひょっとことおたふくファンのかた)

またこういう記事もあり。イ・ジュンイク監督が手掛けた映画『王の男』が、10月21日に開幕する第19回東京国際映画祭に特別招待された。


posted by フェイユイ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。