映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年09月27日

「ウィンターソング」(如果・愛)陳可辛

ウィンター.jpg

「如果・愛」が「パーハップスラブ」じゃなく「ウィンターソング」として11月日本公開されることになったのですねー。
確かに寒い冬のイメージの映画です。

で、見直してみましたが、やっぱりいい映画でした。幻想的で美しいロマンチックラブストーリーとして心に残る作品です。

特に北京でのスン(周迅)とリン(金城武)(名前がどう訳されるかわかんないけど(笑))の生活が貧しいがゆえに甘くてよいのですよ。
ラブストーリーで若い時のふたりは絶対貧しくなくちゃいけないね。
その貧しい感じが凄くいいんだよな(繰り返しただけだな)勿論クリストファー・ドイルが抜群に綺麗にとってるってのはあるけど雪の降る日、狭い部屋で恋人同士寄り添っているという世界ほど羨ましいものはないでしょ。

物語はチ・ジニを水先案内人として語られていく。過去を忘れてしまった女と彼女を愛する二人の男。
男と女の恋情はミュージカル映画と現実の間を交錯する。

「ふたりの人魚」でもそうでしたが周迅はこういういくつかの人格を表現するミステリアスな役が素晴らしいですね。
大柄な金城武の横にいるとよりか細さが強調されて可憐というよりないです。歯軋りも彼女だと妙に可愛らしく感じるから不思議。
迫力あるんですがいつまでも少女のような雰囲気の人です。
金城くんはまあほんとに可愛らしい男性ですねー。スンをずっと思い続ける役がまたいじらしい。帽子姿がキュートでした。
張学友さん、歌の上手さを見せ付けてます。周杰倫も言ってましたが、中華世界で好きな歌手って必ず張学友ってみんな言うような気がします。そのくらい人気の方なんですね。私はどうしても役者のイメージが強いですが。
チ・ジニ。やっぱ笑顔がいいですね。男性的魅力溢れております。

日本のオフィシャルサイトは「愛」と言うのを強調してるイメージですがあちらのは妖しい雰囲気があってそこが好きなんですけどね。
ちょっと見比べてください。


以前の記事「如果・愛(PERHAPS LOVE)」ピーター・チャン


posted by フェイユイ at 23:12| Comment(4) | TrackBack(3) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。お久しぶりです。
試写会で観たのですが、学友さんの歌の上手さにびっくりしました。
彼がちゃんと歌っているのは初めて聴いたのですが、素晴らしいですね。歌神と言われるのも納得です。
音響の良い映画館でもう1回観たいです。
この間、来日した金城くんを久々にテレビで見ましたが、照明のせいなのか、とてもキラキラしていて、見ててドキドキしました。
Posted by hi-chan at 2006年09月28日 14:45
お久し振り!
そうですか、金城くんキラキラでしたか。凄くかっこいいですね彼は!
この映画では一途な感じがとてもあってました。
学友さんの歌には聞き惚れますねー。とにかく彼の人気は絶大なようですね。この映画を観ればうなづけます。
Posted by フェイユイ at 2006年09月28日 22:11
フェイユイさま、こんにちは。TB送らせていただきました。
この作品、「金城くんが大人になった」という感想をよく目にするのですが、私は「彼は変わらないな」と思いました。
本当に、可愛いひとですよね。心も純粋な気がします、ファンの欲目?(笑)。
張學友ジャッキー・チュンの歌と、周迅ジョウ・シュンの小顔にビックリでした。
ではでは。
Posted by 真紅 at 2006年12月05日 11:05
真紅さん、こんにちは。
金城くんが大人になった、という感想が多いのですね(笑)私もちっとも変わらないな、という印象です。とにかく純真なイメージを持ち続けている男性ですねー。
私はこの中で一番好きなにのは周迅なので彼女が見れたのが幸せでした。周迅らしい魅力が出ていたと思います。
Posted by フェイユイ at 2006年12月05日 14:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

チ・ジニ
Excerpt: チ・ジニは、俳優になる前はカメラマンという異色の経歴の持ち主で、その端正なマスクが魅力の俳優です。
Weblog: 韓流スター情報館
Tracked: 2006-10-11 17:00

チ・ジニ
Excerpt: チ・ジニは、カメラマンから俳優になったという異色の経歴の持ち主で、端正なマスクと笑顔が魅力の人気俳優。
Weblog: 韓流スター情報なび
Tracked: 2006-10-18 09:45

それは愛だったの?〜『ウィンター・ソング』
Excerpt:  ミュージカル映画に出演するため、俳優林見東(金城武)は香港から上海へやって きた。無名時代を過ごした北京で恋仲だった、自分を捨てたトップ女優・孫納(周迅 ジョウ・シュン)と共演するために。今..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2006-12-05 10:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。