映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年10月22日

「スナッチ」ガイ・リッチー

スナッチ.jpg

凄く面白いという評判を聞いていてしかもブラッド・ピットなのでどうなのかなあと思っていたがそのまま面白かった。

冒頭からして凝っていて画面の中のテレビ画面に出演者の名前が出て来るとか物凄く早いカットの連続、クールな演出と今風のお洒落な映画だな、とちょっと引け目を感じてたら段々惹き込まれてブラピが出てきた時にはすっかりのめりこんでいましたね。

とにかくブラッド・ピットがかっこよくて彼はこういうちょっといかれた感じになるとどうしてこうも素敵なのでしょう。
パイキー(アイルランド系ジプシー、と言ってはいけないらしい)と言う設定でイギリス人にもさっぱり理解不能の英語を話している、というのがたまらなくいい。しかもめちゃくちゃ強い。ボクシングで強いっていうのはブラピの「ファイトクラブ」でもそうだったけど細身の体と共に凄く惚れてしまいます。
なんだかこの映画ってやたらベニチオ・デル・トロ の名前が先に出ていて私は彼の作品をまだ「シン・シティ」でしか知らなくてあれでもちょい役だったので期待してたらここでも少しだけの出演でした(笑)彼だけを目的に見ねばな。
ここでの主人公はやはりジェイソン・ステイサム なんでしょう。やたら髭剃り跡が気になる彼ですが猥雑で雑多な登場人物をまとめあげるのにちょうどいい渋さでありました。
そしてこれも見たかったのがヴィニー・ジョーンズ。ここでも強面男を決めていてうれしかったんですがなんだかジェイソンと誰かもう一人の人と印象似てて怖そうな顔ばかりで心配したり。
登場人物と演出が凝っているのでストーリーはでっかいダイヤモンドを追いかけるという単純なものなのが男っぽく骨太でかっこいい。
怖い系の男ばかりが出てきて荒っぽいのに残酷な場面は殆ど見せてない、というのも紳士的でよございました。

とにかくおかしくてスピード感あってかっこいい楽しい映画でした。

監督:ガイ・リッチー 出演:ベニチオ・デル・トロ 、デニス・ファリナ 、ヴィニー・ジョーンズ 、ブラッド・ピット 、レイド・セルベッジア 、ジェイソン・ステイサム
2000年、イギリス


ラベル: イギリス映画
posted by フェイユイ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。