映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年10月29日

「ボーイ・ミーツ・ラブ」イアン・イクバル・ラシード 

ボーイミーツラブ.bmp

ケイリー・グラント映画を愛し、グラントが実体化して側にいると感じている青年アリム。彼はカナダ・トロントでのイスラム教・インド人の社会から逃げ出すようにイギリス・ロンドンで生活している。彼はそこで同性の恋人と暮らしているのだった。
ある日そこへ母親が訪ねてくることになり、慌ててアリムは「自分の正体」を隠すのだが。

こういう状況でのドタバタコメディでもあり、家族の愛を描いたものでもある。そして人種・宗教の違いを含めてややオタク気味のアリム青年の苦悩も描かれていく。
アリムのアイドルの実体化、守護神でもある幻のケイリー・グラントの役をカイル・マクラクランが端正な顔で演じている。生真面目でユーモアのある非現実キャラクターがぴったりあっている。
カミングアウトがどうしても怖ろしくてできないアリムに対しイギリス白人の恋人・ジャイルズは家族もゲイであることを認めている。おたおたするアリムに時々反発しながらも何とかしてあげようと心を砕いて見守っているのがナンとも素敵な彼氏ぶりである。まさに理想の恋人像でありますね。

そんなステキな彼氏と自己主張の強い母親に挟まれアリムの心は千千に乱れるのだが。
まーこれも結果がわかっているようなもので。早く言っちまえよ、といらいらしながら見たりとか(笑)まあその辺の過程が面白いわけでさっさと言ったら終わりでしょ、ていうのもあるんだが。
アリムのお母さんが可愛くて大変魅力的でした。

ジャイルズはゲイであろうがなかろうが恋人がこんなステキな人だったらな、ってな感じです。
それにひきかえアリムのイスラム世界での元カレはやな感じであるな。

監督自身がケイリー・グラントの映画が好きだったそうで、ただ彼の映画は自分たち(インド人・イスラムもしかしたらゲイということも含むのだろうか)の為の映画ではなかったのでいつか自分たちを描いた映画を撮りたいと願っていたそうです。
多分監督の思いがひたすら込められた作品なのでしょうね。

原題の「タッチ・オブ・ピンク」はケイリー・グラント出演映画の「タッチ・オブ・ミンク」のモジリだそうな。

監督: イアン・イクバル・ラシード 出演:ジミ・ミストリー、カイル・マクラクラン、クリステン・ホールデン=リード、スー・マシュー、ブライアン・ジョージ
2004年 カナダ/UK 


posted by フェイユイ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。