映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年11月22日

「ゲッタウェイ」サム・ペキンパー

ゲッタウェイ.jpg

これもまた70年代アメリカの名作である。こちらは観た覚えがなかったのだが、この面白さというものは現在の映画には求めてもあり得ないような気さえする。
ペキンパーの作品を幾つか観てきたが、私が観たものはどれも男女の愛というのが重要なテーマになっていた。それも大人同志の愛情という感じ。
「ゲッタウェイ」では夫婦であるドク(スティーブ・マックィーン)とキャロル(アリ・マッグロー)の愛が描き出される。
刑務所に入れられたドクは4年間を過ごしたところで地方政界の実力者ベニヨンと取引し出所することになる。その取引とは出所と引き換えに銀行強盗をして奪った金をベニヨンに渡すというものだった。だが実際は妻キャロルがベニヨンと性的交渉を持ったからこそできた取引だったのだ。

事実を知ったドクは怒りキャロルに平手打ちをする。若い時観てたら、助けたキャロルを叩くドクに反発を覚えただけだろうが、今は二人の苦しみが判る(気がする)金を奪い、人を殺し逃避行を続ける二人。キャロルがいなければ駄目なんだと気づくドクとそんなドクを許し愛し続けるキャロルの姿に他にないほど見惚れてしまった。
ゴミ収集車に入り込みゴミ捨て場に放り出され汚れきって愛を語る場面は秀逸である。
そして悪事を働いた二人がメキシコへ逃げ延びたラストにほっとしてしまうのだ。

ラスト近くの有名な銃撃戦は多くの人を唸らせ模倣されていると思うが、この渋いかっこよさはたまらない。決して気をてらっているわけでもない演出なのだがリアルであってしかも惹きつけられる。
マックィーンの魅力は申し分ないだろう。無口で落ち着いた雰囲気なのにワイルドなのだ。何となく高倉健の持ち味に似てる気がする。
アリ・マッグロー、当時有名だったけど日本ではそれほど人気はなかった(ような気がする)気が強そうな割にはどたっとしたイメージだったのかな。今、観てるとこのキャロル役はとてもぴたりと決まっていて素敵だ。

さて、ペキンパーの映画の特徴としてメキシコへの憧れ、というものがあるようだ。息のつけないアメリカから自由なメキシコへと逃げる。特にこの映画ではメキシコで平和な家庭を築こうとする男女が極めて希望に満ちてトラックで走り去る。
美しいラストだ。

監督:サム・ペキンパー 出演:スティーブ・マックィーン、アリ・マッグロー、アル・レッティエリ
1972年アメリカ


posted by フェイユイ at 22:50| Comment(4) | TrackBack(2) | 北米 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶり!
って来てみたら…出たぁ!
マックイーン!!!

実は私はスティーヴ・マックイーンの大ファンなのです。
「大脱走」で惚れ込み、「荒野の七人」でメロメロ。「華麗なる賭け」ではもうとろけていましたヨン♪

そうそう。「ゲッタウェイ」。
当時は地上波で日本語吹き替えの映画番組が多かったけれどこの時は「アラレちゃん」のせんべいさん役の声優さんだったなぁ(名前ど忘れ)。
宮部昭夫さんの声がお気に入りだったのでチョッと違和感があるなぁって思いながら見たもんです。

この女優(アリ・マックグロー)とこの後結婚したんですよね、彼。

とにかく彼はカッコいいです!
ってもう何年になるのかなぁ?亡くなって…。
Posted by どぅいちゃん at 2006年11月23日 00:06
フェイユイさま、こんにちは。また来てしまいました。
マックィーンは、昨年没後25年だったのですよね。もうそんなに経つのか〜。。
50歳の若さで亡くなっているのですよね。
彼は永遠のヒーローですね。とにかく身のこなしがカッコイイ、唯一無二の存在感です。
TB送らせていただきました。
Posted by 真紅 at 2006年11月23日 06:08
こんにちわ。古い映画シリーズで出張ってきてしまいました(笑)
真紅様の“マックィーン50歳で死亡”みてショックで!・・それはあまりに早すぎ;ひとごとでない歳になっちゃったホント;
マックィーン作品余り観てないですが『パピヨン』素晴らしかった。
『大脱走』チャーミングでした〜どちらも“脱走もの”ですネ(実は脱走もの☆好きです)^^
Posted by フラン at 2006年11月23日 09:39
マックィーン、凄い人気だ(笑)知らなかった(笑)

>どぅいちゃん
お久しぶりでえす。そうでした。DVDだと必ず字幕で観ちゃうけどテレビでは吹き替えですよねー。どんな声優さんかでイメージ変わります。せんべいさん、というだけでマックィーンのイメージが崩れる!?(うそうそ)

>真紅さん
TBありがとうございます。没後25年、くーちっともそういうこと考えてませんでした、私って。
50歳で亡くなってるからいつまでもヒーローなのでしょうか。
かっこいいです。

>フランさん
私もマックィーン、同じです(笑)「大脱走」と「パピヨン」ですね!
なのでマックィーンというと脱走しそうな予感が。
この「ゲッタウェイ」は最初、刑務所にいるのでまた脱走か?とつい思ってしまいましたよ(←まさか)
Posted by フェイユイ at 2006年11月23日 09:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

King of cooool!〜『ゲッタウェイ』
Excerpt:  スティーブ・マックィーンといえば、私にとっては『タワーリング・インフェルノ』 『パピヨン』『大脱走』。どれも昔々、日曜洋画劇場か何かでバリバリの吹替えと、 カットだらけのものを観ただけです。..
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2006-11-23 06:03

「ゲッタウェイ」 マックィーンが魅せる、ガンアクションの傑作
Excerpt: 「ゲッタウェイ」、これも何年ぶりだろう、7,8年ぶりに、そして何回目だろう・・・、5回目位かな、鑑賞した。
Weblog: 取手物語〜取手より愛をこめて
Tracked: 2007-03-05 09:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。