映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2006年12月31日

2006年今年最後の挨拶

あと少しで2006年が終わる。休みもなくエンドレスに働き続けている日常なので区切りと言う実感がない。
とはいえ新しい年には何かいいことがおきないかという期待、何かやりたいという希望はあるのだけどね。

そういうだらだらした毎日の楽しみが映画を観る事になっているこの頃(この頃が長いが)この状況は当分終わりそうにない。
アジア映画主体から抜け出してしまってもうだいぶ経ってしまった。
私はブログを始めた9月前に一年のまとめをしているのでまだ締めくくりには早過ぎるのだが、最近の感激としてはやはりフランス映画かなあ。「ぼくを葬る」が最初だったと思うんだけど、ギャスパー・ノエそして「変態村」と凄い好みの世界を観ることができて楽しかった。
反面、アジア系映画で感動することが少なくなって(ていうか観たい作品がない・・・)悲しい。特に中国映画でそういう出会いがなくて寂しすぎる。ドラマも「神[周鳥]侠侶」よりやはり「天龍八部」「笑傲江湖」「射[周鳥]英雄伝」だったし。

日本映画は近年稀なほど盛況のようだがそれほど観たいと思っていない。つい昔の映画に興味がいってしまうしな。
最近の時代劇ブームより「眠狂四郎」「座頭市」の方がかっこいいし、観たい(人情モノ時代劇は鳥肌)

などと脈絡もないが来年もこんな調子で好きな映画を観れる事が楽しみである。
私としてはまたぞっこん入れ込むようなステキな誰か(何か)に出会いたいと願っている。

ではもうすぐ新年の挨拶をせねばならないが「今年一年、見てくださってありがとうございます。来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください」フェイユイ


posted by フェイユイ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。