映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年01月04日

「女帝[エンペラー]〜夜宴」馮小剛

夜宴d.jpg夜宴y.jpg夜宴z.jpg夜宴x.jpg夜宴w.jpgyeyan1.jpg

年初めから中国ものが続いていて非常に嬉しい。いまだにアジア系ブログを気にしてるところがあるので西洋モノが多くなるとストレスがたまるのだ。
しかも本作は中国では国民的人気映画監督と名高い馮小剛(フォン・シャオガン)監督作品。去年は「天下無賊(原題)」を観ましたっけ。中国ではお正月映画監督のイメージでコメディを得意とする方(「天下無賊」もおかしかったなあ、ぶっ飛びなんだもん)なのですが「夜宴」は非常に絢爛豪華な様式美に彩られた作品でこれまでのイメージとは随分違うようです。しかしぶっ飛び感覚は同じなのかも。笑いを抑えたシリアスな仕上がりのはずですが、こういったワイヤーアクション、大げさな芝居自体を日本人は笑いますからそういった意味ではやはり中国の本道をいく監督であるのは間違いないのでしょう。
私はそういった中国独特の煌びやかさ広大さが大好きなので本作も大変心ゆくまで楽しませていただきました、
中文字幕で読むしかないのですが、途中で「これはハムレットだ」と気づき「ハムレット」を思い出して観ればよいので全く見るのに問題はなかったのではないでしょうか。そういうところも大人気監督らしく非常にわかりやすいストーリーになっていたと思います。
勿論これは中文字幕を読んでるくらいの者がいうことで中国語をきちんとわかる人ならもっと劇の面白さが堪能できるはずです。
ただそこらが解らなくても充分楽しめました。無論日本語字幕で再度観たいものです!

加えて衣装・美術の素晴らしさ。その辺を見ているだけでも充分楽しめる作品です。とにかく美しい。
そして出演者の豪華さ。主演・チャン・ツィイーのセミヌードでも話題になったようですね。競演の美女に周迅。この2大美女だけでも見ごたえありますが、皇帝に葛優(グォ・ヨウ)フォン・シャオガン監督作品に必要不可欠なこれまた中国代表俳優ですね。彼の中国語発音を聞くだけでも私は嬉しくて。しかも皇帝ですよ。端正な陳道明皇帝と違いなんだかイッチャッてる皇帝で「覇王別姫」の時の袁四爺を思い出しちゃいます。
そして苦悩の王子にダニエル・ウー。チャン・ツィイーと幼馴染の恋人、そして周迅から想われる美しき皇太子ですね。
そしてもう一人、私知らなかったんですが、周迅演じる青女の兄様が物凄くハンサムなの。私的にはダニエル・ウーより好み。誰々?って思ってたら馬鹿馬鹿、楊過じゃありませんかあー。いっつも見ているくせにー私。しくしく。だって楊過の時の彼って凄く逞しくて笑顔がにかあって感じなんだもん。ここではすらっと細身でクールなの。全然イメージ違うって。いやー黄暁明ってこんなにハンサムだったんだあ(ぼおおお)ずーっと見惚れてたわ(笑)

なんだか中国ものって時代劇ばっか、とか言う声が聞こえてきそうですが、私としてはまだまだ膨大な中国歴史ものの中のほんの一部しか(いやもうほんのほんの僅か)観てない感じ。日本の人情時代劇は見る気がしませんが、こんな豪華絢爛、荒唐無稽な時代劇はもっともっとですわ。まだまだ見せてもらってないものがたくさんありましょう。

とにかく中国版ハムレットを美男美女と葛優さんで観られるんですから!白装束のお面劇も良かったです。
なんだか張芸謀監督を意識した部分もあったような気も。あ、チェン・カイコー監督もか。
ハムレットさえ知ってれば中文字幕でも大丈夫。言葉が解ればもっといいことは間違いなし(笑)

監督:馮小剛 出演:チャン・ツィイー、周迅、ダニエル・ウー、葛優、黄暁明
2006年中国

huangxiaoming.jpg
黄暁明ですー上部の写真では右上・周迅の後ろにいる人ね

追記:どこの説明でも「中国版ハムレット」って書いてあったです。にゃるほど。
お正月映画にふさわしい華やかさでした。


ラベル:葛優 黄暁明 周迅
posted by フェイユイ at 23:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
夜宴…ひこそが出ているので見たいなぁ…と思ってます。ただチャン・ツィイーがどうも…だめで。
でも良さそうなのですね…日本で出るまでにはきっと時間を要しますよね…
中文字幕しかないのですか?
先だってもひこその映画をyesasiaで購入したらなんとデッキとの相性が悪く、英文字幕がでないのです…もうちんぷんかんぷん!ただひこそがかっこよいだけを満喫いたしました(笑)
黄暁明かっこいいですね〜!
ここに書いてすみませんが、盛夏光年のDVD情報をうちのブログにも書いて良いでしょうか?厚かましいのですが…。
最近、盛夏光年を検索に見てくださる方が多いようですが、情報がなくて…
ご検討くださいませ。
Posted by まもう at 2007年01月07日 12:50
こんにちは。
どうぞどうぞ、ここの情報はどんどん使ってください。まったく構いません。

私も石公さんからの情報を使わせていただくことが多いのですが、そちらの情報もお断りしたのでいいと思います(笑)
盛夏光年、早く観たいですねー!!

「夜宴」とても好きな映画でした!チャン・ツィイーが駄目だとちょっと辛いかもしれませんが(笑)でも観てみてくださいね。いつか。
黄暁明カッコよかったんですよ!この方が!いつもドラマ「神[周鳥]侠侶」で観てたんですが。ここではまた違った魅力で。また好きな人ができてしまった。
Posted by フェイユイ at 2007年01月07日 14:36
ありがとうございます!
ではまた情報載せさせていただきま〜す。
本当に待ち遠しくて仕方ありませんね!
禁断症状でそうです(笑)
チャン・ツィイーはグリーン・ディスティニーの頃からなんだか嫌いで、LOVERSなんて問題外でしたね…(一応金城武、アンディ・ラウ目的で見ましたが…)
それがひこそと恋仲でしょう!ひこそと女優が絡むのも問題外で嫌なのになんでよ〜〜といつもぼやいてしまいます。全く自分勝手な見解ですね〜(笑)

でもフェイユイさんすごいですね!ドラマはこの集中力に欠けた私には見れないです…でも黄暁明はカッコいいです。文句なしに!
Posted by まもう at 2007年01月07日 16:38
私はなぜか前よりチャン・ツィイー好きになってしまって(笑)なぜだろう。

ドラマを見続けるのは愛しかありませんね。好き、という気持ちだけだなあ。だから勿論普通の日本ドラマは1分と見ていられません。
今日からアメリカドラマ「エンジェルス・イン・アメリカ」見始めました。これも凄い!
Posted by フェイユイ at 2007年01月07日 22:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。