映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年01月10日

「 ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」ガイ・リッチー

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ.jpg

「スナッチ」の感想に「評判の作品でそのまま面白かった」と書いたがこちらも同じくそのまま面白かった。
特に子連れ狼みたいな息子連れの取り立て屋のヴィニー・ジョーンズが楽しい。躾にも厳しいのだ。
後パパ=スティング。ステキなのだった。
お隣さんがヤクの売人だとか運がいいんだか悪いんだかよっくわかんないしおかしいし何もかもを全部ひっくり返してがっちゃがちゃになってしまったような展開が愉快。
間抜けな4人組の情けなさもまたよろしい。
正直大好きでたまらない、とまではいかないけど小汚さは好きです。

監督:ガイ・リッチー 出演者:ジェイソン・フレミング 、 デクスター・フレッチャー 、ニック・モーラン、ジェイソン・ステイサム 、 スティーヴン・マッキントッシュ、 ヴィニー・ジョーンズ、スティング
1998年イギリス


posted by フェイユイ at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。