映画・ドラマ・本などの感想記事は基本的にネタバレです。ご注意を

2007年02月06日

「インファナル・アフェアIII  終極無間」アンドリュー・ラウ/アラン・マック

インファナル・アフェア?V.jpg

以前一度観てなんだかよく判らず泣き再度挑戦。今回非常に面白く観れましたが理解したかどうかは不明。
ただ、他の評価で「Vはどうも」というのがよく見られるようですが、今回観て凄くよくできていたと確認しました。しかし「今までの謎が解明」というわけにはいかなかったようです。

私としてはVの魅力は大陸マフィアのシェンに尽きる。さすが皇帝を何度もやった方だけあってその迫力・存在感は他の役者の比ではございません。「インファナル」での香港俳優たちがいかに力いっぱい思い入れを込めているかはびんびん伝わってくるのですが、陳道明がふらりと現れるだけ、サングラス越しにこちらをみているだけでソクソクと背筋が寒くなるような緊張感があるではありませんか。しかも彼自身も二つの顔を持ち、マフィアとして登場しながら中国公安であるという。そして黒社会のボスである時の彼の表情と公安としての眼差しの違い。ほっそりとした長身でありながらこの貫禄この威圧感。いつも見ていた皇帝様がこんな影の存在であることがぴたりとはまっているとは。このシェン=陳道明だけでもインファナルVを観る価値あり。

ストーリー・場面構成・演出と時間と現実と虚構が織り交ざり凝りに凝ってて実に楽しい。が、複雑すぎてぱっと見判らない部分も多いのだが。その判りにくさ加減も見ごたえになっているのかも。
Vで表現されたヤン(トニー・レオン)の明るく楽しげな様子でありながら確実に殉死へと向かう運命。着々と自分の意志で「善人」になろうと努力しながら地獄へと堕ちていくラウ(アンディ・ラウ)の比較が面白い。ここに絡んでくる新しい登場人物ヨン(レオン・ライ)がまた最高に面白い(こればっかりだ!)
このヨンなる人物が一向にはっきりせず謎が謎を呼びっぱなしである。善なのか悪なのか、つまりこの話に登場した主要人物4人はどれを見ても善悪がつかめない人物なのだ。そして特にラウとヨンの騙しあい探りあいが静かなまま進行していく。
最後はラウが最大の悪知恵を働かせ気の狂ったふりをしてヨンを殺害し自らは身障者となり生き延びていく。こうして彼は善人になりたいと渇望しながらも暗黒の世界で生涯をすごさねばならないという地獄に堕ちる事になるのだ。おもしろい。

小細工があちこちに仕掛けられていてあきさせない。ラスト、ヤンとラウが出会う場面もいい。

監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック 出演:アンディ・ラウ、トニー・レオン、陳道明、レオン・ライ、黄秋生、エリック・ツァン
2003年香港


ラベル:黒社会 警察
posted by フェイユイ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。